2010年08月14日

アラカシの樹液を吸うゴマダラチョウ

 ゴマダラチョウが羽をひろげてアラカシの樹液を吸っていると思ったら、実は2羽のゴマダラチョウがなかよく樹液を吸っているのだった。神戸高塚山での写真です。

2010_0813_ゴマダラチョウ.JPG



昆虫 (小学館の図鑑NEO)

昆虫 (小学館の図鑑NEO)

  • 作者: 小池 啓一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 大型本



posted by booknikoniko at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

神戸高塚山の初日の出

 新年あけましておめでとうございます。

 初日の出の1時間ほど前から高塚山に初詣と初日の出を参拝しに北入山道から登る。昨年と違って今年は3百人ほどが初日の出を見に来ている。北入山道が整備され、近隣住民の散歩コースにもなったことで、1年で状況は大きく変わったといえる。

 記帳、高塚龍神社に初詣とすんなりと進むが、初日の出は昨年同様低く雲が立ち込めており、日の出の時間に拝むことはできない。30分後にようやく雲の切れ間から太陽が覗き出す。

高塚山の初日の出.JPG


 開発中の造成地も売り出しを開始しており、高塚龍神社への参拝道も新たに利用できるようになるだろうから、来年はもっと参拝客が増えることだろう。来年こそは理想どおりの初日の出を期待したいものだ。

 参拝後に北入山道の入口に飾られている門松の写真を撮る。

高塚山北入山道.JPG


 何よりも「命あっての物種」であるので、無病息災・家内安全を祈願致しました。

 初日の出にあやかりましょう!

posted by booknikoniko at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

高塚山植物観察記7:ムベの実と影の写真

 お隣の家からは金木犀の香りが漂ってきます。昨日の朝からけたたましく鳴く鳥がいます。ヒヨドリです。ヒヨドリはお向かいの家にあるピラカンサの木の枝にとまってやかましく鳴いています。このピラカンサの木の枝をヒヨドリは大変気に入っていて毎年そこを休憩地としています。ピラカンサには実がなっていますが、赤ではなく橙色です。ヒヨドリはこのピラカンサの実を食べるためにとまっているのではありません。このピラカンサの実が食べられるのは来年の2〜3月にかけてでしょうか。

 久しぶりに高塚山に登りました。春初めて見たムベの花が秋になり実をつけました。写真はムベの実です。ムベと一緒にアケビもあったのですが、このアケビは夏にはなくなっていましたので、アケビの実の写真はありません。

ムベの実.JPG


 淡路島と開発中の宅地造成地を眺めた後で、スカイマークスタジアム(神戸グリーンスタジアム)や神戸市営地下鉄の名谷車両基地の方を眺めていると、なんか動くモノがあります。自分の影だと分かりビックリしました。夕方近くになりちょうど太陽が自分の影が木に映る角度となったからでした。一緒に高塚山に登った連れ合いを呼んで影の写真を撮りました。
 
影.JPG


高塚山の森を歩こう会(4) 植物観察記:「ムベ」「アケビ」「サンキライ」の花の写真をアップします、をご覧ください
高塚山植物観察記5:藤の実とヤマハギの写真、をご覧ください


花や木の名前を知るのは大変です。花の色や実、樹皮の色つや・はだざわりが一度に分かるとありがたいのですが・・・

posted by booknikoniko at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

高塚山植物観察記6:センニンソウの花写真

 早朝に高塚山に行くのは元旦以来だ。8月29日の通り雨から今日まで一滴も雨は降っていない。以前の雨で表土は流され、多くの木の根がむきだしになっている。からからの山道を登っていく。

 思ったより鳥の鳴き声は聞こえない。蝉の鳴き声は全くない。聞こえてくる音は通勤する車の音ばかりだ。時に電車の警笛が鳴る。これは近くに神戸市営地下鉄の名谷車両基地から通勤用に増車するために車両基地から出て行く音だ。

 樹木に名札をつけてくれた人がいて、今まで淡路島の写真を撮る場所にある木が「モチノキ」であることを知る。今日はくっきりと淡路島を見ることができる。のんびりと時空間を独り占めするのも悪くない。
淡路島090911.JPG
 

 センニンソウの花が咲いているので写真をアップします。この花にも名札がぶらさがっている。
センニンソウ.JPG


高塚山の森を歩こう会(4) 植物観察記:「ムベ」「アケビ」「サンキライ」の花の写真をアップします、をご覧ください
高塚山の森を歩こう会(6) 植物観察記2:「カクレミノ」と「サンキライ」の実の写真をアップします、をご覧ください
高塚山の森を歩こう会(7) 植物観察記3:「カクレミノ」写真をアップします、をご覧ください
高塚山の森を歩こう会(8) 植物観察記4:「サルトリイバラ(サンキライ)」の巻きひげの写真をアップします、をご覧ください
高塚山植物観察記5:藤の実とヤマハギの写真、をご覧ください

花の名前が分からなくても花の色から名前を調べることができます。

花色図鑑
posted by booknikoniko at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

高塚山植物観察記5:藤の実とヤマハギの写真

 久しぶりに高塚山に行く。藤の実が眼に入る。いつもは藤棚の藤の花や山に咲く藤の花に眼を惹かれるが、藤の実を意識して見たことがない。
藤の実.JPG


 ヤマハギも咲いている。
ヤマハギ.JPG


 日当たりの良い山の傾斜地ではクマゼミが鳴いているが、木漏れ日のある山の中ではツクツクボウシが鳴いている。どちらにも共通している蝉はアブラゼミだ。最近よく見かけるようになった鳥がいる。コゲラだ。

 新たに樹木に名前の札がぶらさがっているのが、今までとの大きな違いだ。樹木の名前を覚える良い機会だ。

高塚山の森を歩こう会(4) 植物観察記:「ムベ」「アケビ」「サンキライ」の花の写真をアップします、をご覧ください
高塚山の森を歩こう会(6) 植物観察記2:「カクレミノ」と「サンキライ」の実の写真をアップします、をご覧ください
高塚山の森を歩こう会(7) 植物観察記3:「カクレミノ」写真をアップします、をご覧ください
高塚山の森を歩こう会(8) 植物観察記4:「サルトリイバラ(サンキライ)」の巻きひげの写真をアップします、をご覧ください

樹木を調べるのに重宝してます。

よくわかる樹木大図鑑
posted by booknikoniko at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

高塚山の花火:高塚山の森を歩こう会(13)

 昨日はスカイマークスタジアムの花火ナイトだった。いつも花火はスカイマークスタジアム(神戸グリーンスタジアム)で見るか、家の2階の東側の窓から見ることにしている。

 昨日はいつもとは違う場所から花火を見ることにした。それは新たに登ることができるようになった高塚山からだ。高塚山から花火を見るスポットは3カ所あるが、球場に一番近いスポットから見ることにした。そのスポットとは神戸淡路鳴門自動車道の高塚山トンネル入口の真上のところだ。ここの難点は三塁側の自由席の観客の入場ぐあいはよくわかるが、バックネット裏のスコアボードが全く見えないので、試合の状況が分からないことだ。

 昨日はオリックスと楽天との試合があり、花火ナイトだった。オリックスは岸田、楽天は岩隈の先発だったので、引き締まったテンポ良く試合が運ぶと思っていたが、そうではなかった。

 花火が打ち上がるのは5回裏が終ってからだ(七夕の時に限っては7回裏だったと思うが)。5回裏というのは試合が成立し、荒れたグランドを整備するときだ。

 アナログのテレビがダメになり、最近液晶テレビに買い替えたので、データ取得機能を使って、オリックスと楽天の試合の状況を確認しながら、高塚山に出掛けた。

 オリックスの試合は大体進み具合が悪い(=ピッチャーの出来が悪いのが多い)ので、花火が打ちあがるのは7時半から45分の間が多い。昨日は先発ピッチャーがいいので、速く進むと思ったが、5回裏が終了したのは8時5分位だった。ようやく待ちに待った花火が打ち上がる。

 手振れのためきれいな花火の写真が撮れなかったが、花火をどうぞ!

高塚山花火0908041.jpg


高塚山花火た0908042.jpg


posted by booknikoniko at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。