2009年09月09日

九月九日は重陽の節句です。重日で遊びましょう!

 中国では月の数と日の数が同じ数字となる日付を重日と呼んで、めでたい特別の日と考えていました。陰陽説では奇数は陽の数、偶数は陰の数とされており、「九」は一番大きな一桁の奇数で、陽の極まった数ということから、重陽の節句と呼ばれています。また、旧暦では九月九日が菊の見頃だったことから、重陽の節句は菊の節句とも呼ばれています。三月三日は上巳の節句(桃の節句)、五月五日は端午の節句、七月七日は七夕の節句です。

 九月九日の月と日を抜くと「九□九□」になります。□に漢字一字を入れて意味のある言葉にしてください。□には異なる漢字を入れてください。四字熟語でなくてもかまいません。

 「九月九日」以外に思いつくのは「九十九歳」、「九十九島」、「九十九里」、「九十九髪」といったところでしょうか。

 九十九歳は白寿とも呼ばれ、長寿のお祝いをします。これは「百」の字から、一つ目の画を取ると「白」になることから、九十九歳が白寿と呼ばれるわけです。
 
 九十九島は「くじゅうくしま」と読みます。西海国立公園に指定されています。佐世保市では九月十九日を「九十九島の日」としており、この日の前後に西海パールシーリゾートで「九十九島の祭典」を開催しているそうです。

 九十九里は何といっても九十九里浜で有名です。千葉県には九十九里町があります。

 九十九髪は「つくもがみ」と読みます。老女の白髪、のことで、白髪が水草のツクモに似ているところからいうそうです。また、九十九歳が白寿と呼ばれるように、「百」に一少ない「白」の字に代用し、白髪を「つくも(九十九)髪」といったともいわれています。

 同じように「一□一□」でやってみてください。3分以内に5つ以上あげてください。一月一日は勿論OKですし、小学校に入学した時、一年一組でした。

困った場合には
【送料無料】SR-G6100 「PASORAMA」搭載。仕事でもプライベートでも便利に使えるビジネスエントリーモデルの電子辞書。セイコーインスツル SII セイコー 電子辞書 IC DICTIONARY SR-G6100 PASORAMA PC検索機能付き電子辞書
三省堂五十音引き漢和辞典でご確認してください。
posted by booknikoniko at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

9月3日から2009国立ボリショイサーカス 神戸(兵庫)公演が始まる

 グリーンアリーナ神戸の階段横の通路が昨日(9月1日)から通行止めになっています。9月3日(木)から9月6日(日)までグリーンアリーナ神戸で2009国立ボリショイサーカス 神戸(兵庫)公演が始まるからです。

 公演日時は、9月3日(木) 15時〜・18時〜
       9月4日(金) 15時〜・18時〜
       9月5日(土) 10時〜・13時30分〜・16時30分〜
       9月6日(日) 10時〜・13時30分〜・16時30分〜

 公演場所は、グリーンアリーナ神戸で、神戸市営地下鉄「総合運動公園」駅下車が便利です。

 料金は、SS指定席・・5,300円
     S指定席・・・4,800円
     A指定席・・・2,800円、となっています。

 トラさんのパフォーマンスが見られるらしいです。楽しみです。

 お問い合わせは、ボリショイサーカス公演事務局 (06) 6357-6800 までお願い致します。

posted by booknikoniko at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

アゲハチョウのドッキング

 庭のユキヤナギ(雪柳)の木陰のか細い枝先にアゲハチョウのつがいがぶらさがっていた。

アゲハチョウのドッキング.JPG


posted by booknikoniko at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

新入社員の夏休み

 今日(平成21年8月24日(月))の日本経済新聞朝刊11面の「会社の常識 新入社員Q&A」に面白い質問が載っている。質問は「新人の上司が「夏休みは取るな。仕事を覚えよ」と言われたが、どうすればいいか」というものである。この質問への回答は新聞を見ていただくことにして、今から約40年前の新人の時の夏休みの苦い思い出を書いてみたい。

 私が入社したのは4月ではなく7月だった。入社した会社では7〜9月の間に3日間の夏休みをとれ、ということだった。8月になっていつ休みを取るのかと聞かれ、予定は全くなかったが、お盆の時期に3日間取ることにした。

 12月に入社して初めてのボーナスをもらった。支給明細書を見てびっくりした。予定より少ないからだ。原因は欠勤1日分が支給総額から差し引かれていたからだった。休んだ覚えもないので、おかしいと思って調べてもらったら、夏休みの3日間のうち、2日間は年次有給休暇の消化、あとの1日は欠勤ということだった。こちらは別に休みたくもないのに、3日間休めというから休んだだけなのに・・・。

 就業規則では7月入社の場合は2日間の年次有給休暇を与える、となっていた。就業規則は実際には読むことはないかもしれないが、我が身を守るためのその内容を知っておくことは大事だ。

posted by booknikoniko at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

中村紘子さん、デビュー50周年記念リサイタルツアー開催

 今年9月で演奏活動50周年を迎えるピアニストの中村紘子さん。デビュー50周年を記念して限定CDの発売やリサイタルツアーのコンサートが開催される。

 9月16日発売の『中村紘子デビュー50周年記念 限定CD/BD Box』の予約受付は終了しているところもあるらしい。

 デビュー50周年記念リサイタルツアーは、本年9月から来年(2010年)7月にわたって開催される。リサイタルツアーは全国47都道府県で公演が開催される。9月に開催されるコンサートをご参考までにどうぞ!

 ●9月11日(金) 栃木県総合文化センター
 ●9月13日(日) 府中の森芸術劇場
 ●9月19日(土) サントリーホール
 ●9月21日(月・祝) ザ・シンフォニーホール
 ●9月27日(日) 横浜みなとみらいホール

 NHK交響楽団初の世界一周公演ソリストに抜擢され、華やかにデビューしたピアニストの中村紘子さん。N響が発行している『フィルハーモニー』誌の「むかしから今日までのN響」のよると、世界一周演奏旅行で、12カ国24都市で演奏したのは、昭和35年(1960年)の9月1日から11月1日、となっている。60年安保後に演奏旅行にいったことになる。

 中村紘子さんは、演奏活動だけでなく、新しい才能の発掘と育成にも尽力されている。ショパン国際ピアノ・コンクールとチャイコフスキー国際コンクールの審査員を歴任されており、音楽のまちの浜松国際ピアノコンクールの審査委員長を務めている。

全盲のピアニスト、辻井伸行さん、優勝おめでとう!、をご覧ください
あの辻井伸行さんの優勝コンクールのライブ盤が登場!、をご覧ください
posted by booknikoniko at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

あの辻井伸行さんの優勝コンクールのライブ盤が登場!

 今年6月に行われた第13回ヴァン・クライバーン国際コンクールで見事優勝された、辻井伸行さん。日本中を透明で美しく柔らかなピアノの音で感動の渦に巻き込んだ、辻井伸行さん。

 いよいよ9月9日に、第13回ヴァン・クライバーン国際コンクールのライブ盤が登場します。このライブ盤は、ヴァン・クライバーン国際コンクールの独占販売権を持っているハルモニア・ムンディ社のライブCDが発売されるもので、コンクールでの演奏が収録されています。

 収録されている曲は次の通りです。

 ●ショパン:練習曲 作品10 より(予選での演奏)
     第1番 ハ長調         第4番 嬰ハ短調
     第2番 イ短調         第5番 変ト長調 「黒鍵」
     第3番 ホ長調 「別れの曲」  第6番 変ホ短調 
 ●ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第29番 変ロ長調 op.106 「ハンマークラヴィーア」(準決勝での演奏)
 ●リスト:「ラ・カンパネラ」(予選での演奏)
 ●ジョン・マスト:即興曲とフーガ(コンクール委嘱新作/新曲演奏課題曲)

 「ジョン・マスト:即興曲とフーガ」はこのコンクールのために書きおろされた新曲です。
 辻井伸行さんの場合、曲を暗譜するためにはすべて耳で聴いて覚えるしかないので、この現代曲は非常に難しかっただろうと思われます。このハンディを乗り越えての優勝ですから、非常に価値ある演奏となっています。

posted by booknikoniko at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

夏水仙(ナツズイセン)の花

 花の名前が夏水仙なので、水仙の仲間かと思ったらそうではありません。ヒガンバナ科の花です。春に水仙に似た葉を出し、夏に花が咲くので夏水仙という名前がついたそうです。

 花はスイセンにはあまり似ていませんが、花径8cmほどの淡ピンク色の美しい花です。

 毎年庭に咲く夏水仙の花を見てきましたが、いつも気になっていたことがありました。それはめしべです。おしべはしっかりとした形なのに、めしべはいつの間にか先端が落ちてしまっている、なぜだろう、と思っていたのです。今回写真を撮ってめしべを見ると、先端は落ちてしまっているのではなく、赤い部分がありました。これがめしべなのです。安心しました。

夏水仙.JPG


posted by booknikoniko at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

迎え火。今年もまた暑いお盆の季節が始まる

 今年の梅雨明けは8月になってからという妙な夏の始まりとなった。甲子園では雨天順延もあったが、猛暑の中高校球児の熱い闘いが続いている。

 暑い夏の行事は熱闘甲子園だけでなく、今日8月13日は盆の入りで、夕方家の前で火を焚き祖先の霊を迎える。これが迎え火と言われるものだ。

 迎え火という言葉は知ってはいたが、迎え火の行事をしたのは父の初盆が初めてだった。
 「焙烙(ほうろく)」と呼ばれる素焼きの皿ではなく、屋根瓦にオガラを折って積み上げ火をつけて父の霊をはじめとした祖先の霊が、間違わずに来られるよう目印とした。

 オガラとは皮をはいだ麻の茎のことだが、迎え火だけでなく、足として使用する。
 それはキュウリの馬とナスの牛の足としてオガラを折って用いる。御住職のお話では、ご先祖様がこの世に来るときには、キュウリの馬に乗って急いでおいでになり、帰りはお土産が重いのでナスの牛に乗ってゆっくりお帰りになる、ということだった。

 今年もまた暑いお盆の季節が始まる。

posted by booknikoniko at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

Hz(ヘルツ)って何?

 毎日毎日電気にお世話になっている。日本では静岡県富士川を境にして、東が50Hz(ヘルツ)で西が60Hz(ヘルツ)の周波数が採用されている。昔は周波数は、50サイクルとか60サイクルと呼ばれていた。「サイクル毎秒」(c/s、略して「サイクル」)が使われていたが、1970年代にHz(ヘルツ)に切り替えられた。

 Hz(ヘルツ)だが、物理的に言えば一秒間に何回振動しているかの回数をいう。電気製品や通信機器はすべて電波、音波、電流といった波の形で伝えられるエネルギーを利用している。この波の振動数をHz(ヘルツ)という単位で表現している。

 日本の電気は東が50Hzで西が60Hzの周波数を採用しているが、これ以外になじみのある周波数がある。それは440Hzだ。440Hzの音は1秒間に440回振動している音波だ。440HzはA(ラ)の音で、オーケストラのチューニングに使われている音だ。赤ちゃんの泣き声も人種や民族や性別の違いにかかわらず440Hzと言われる。440HzはNHKの総合テレビで時報音として使用されていた。

 オーケストラのチューニングは初めにオーボエがA(ラ)の音を出し、次に管楽器が合わせる。そしてコンサートマスターが音を取り、それからオーケストラの全員が音合わせをする。なぜオーボエが基準になっているのかだが、それは正確な音程が出ないからというものだ。

 オーボエが音の高さを変えるには、リードの幅や長さで調節するしかない。だから、演奏当日にその場でパッと変えることができない。オーボエは楽器の構造上、途中で音程を変えることができないのだ。オーボエは音程を自由に調整しにくい楽器なので、ほかの楽器がオーボエに合わせるしかないというものだ。リード楽器であるクラリネットも事情は同じはずではあるので、オーボエがいない場合はクラリネットがオーボエの代役をすることになる。

 NHKは平成16年(2004年)3月25日まで総合テレビで時報音を流していた。それは正時の3秒前から3回(「プッ、プッ、プッ、ポーン」の形)の時報で、1000ミリ秒以上の無音、予報音3回、正報音1回、1000ミリ秒以上の無音という構成になっていた。

 地上デジタル放送や放送中継回線のデジタル化により、信号の伝送遅延や符号化遅延・復号遅延が発生し、特に地上デジタル放送の場合は地域や受信機によって遅延時間が異なるので、正確なタイミングで時報を放送できなくなったために、NHKは時報音を流さなくなった。今では懐かしい音になってしまった。

 さて、単位のヘルツだが、これはドイツの学者のハインリヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz:1857−1894)に由来する。1888年に電磁波の存在を実験で確認したことで知られる。そしてヘルツが発見した電磁波が情報伝達に使えることに気づいたイタリアのマルコーニが、1896年に無線通信の発明をする。

日本の電気はどうして50ヘルツと60ヘルツの2つがあるのか、をご覧ください


posted by booknikoniko at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

エジソンとGEと関係の深い日本の会社

 川崎市幸区小向東芝町1番地に東芝科学館がある。そこでは、東芝が開発してきた技術遺産である国産第一号または世界初の電気製品が展示されている(複製品もあるが)。

 明治23年(1890年)8月、エジソンの指導を受けた藤岡市助の尽力により、竹フィラメントの電球の点灯に成功する。

 藤岡市助は「日本の電気の父」といわれ、電球の国産化を目指して合資会社白熱舎を明治23年に東京・京橋に設立する。白熱舎は後に東京電気(明治32年)と改称し、からくり儀右衛門として知られる田中久重が設立した芝浦製作所(明治15年、田中製造所を設立、明治26年改称)とともに、現在の東芝(昭和14年に合併、東京芝浦電気)となる。

 昭和5年(1930年)、田中久重が設立した芝浦製作所が、重量157キロの重々しい外観の国産第一号の家庭用電気冷蔵庫を試作する。

 現在のような家庭用電気冷蔵庫は大正7年(1918年)、米国のケルビネータ社が世界で初めて製造販売した。日本での電気冷蔵庫の歴史は大正12年(1923年)に三井物産が初めて輸入してから始まる。その後、芝浦製作所が研究開発を始め、GE(ゼネラル・エレクトリック)製品をモデルに国産化に挑戦し、昭和5年(1930年)に国産第一号の家庭用冷蔵庫(SS-1200)が完成した。

 この冷蔵庫は、内容積は125リットル、重量157キロと金庫を思わせる堂々たる風格の、密閉型首ふりシリンダ圧縮機と凝縮器及び制御装置がキャビネットの上に露出したモニタートップ型が特徴であった。その後、昭和8年(1933年)、芝浦製作所が純国産電気冷蔵庫として発売を始めた。

 今では食品保存と製氷ができる電気冷蔵庫の機能は当たり前で、日常生活になくてはならないものだ。電気がなかった時代は一体どんな暮らしをしていたのだろうか。電気で製氷できなかったので、氷を必要とする場合は、自然の力でできた氷(天然氷)を切り出して保存して利用する以外には方法はなかっただろう。氷を保存する場所、それが氷室であり、崇め奉るために氷室神社が造営された。

 昭和20年代後半、母の実家には冷蔵庫があった。それは電気冷蔵庫ではなく、木製で中はブリキ板で覆った冷蔵庫だった。勿論製氷できないので、氷屋さんから氷を買ったわけだ。氷屋さんが氷を自転車で配達し、目の前でノコギリで切ってくれた氷を冷蔵庫の上のブリキ板に載せて冷やした。すいかは大きすぎて冷蔵庫には入らないので、井戸に放り込んで冷やした。

 暑い夏には避暑地として大丸神戸店に行った。各フロア毎に氷柱がいくつも置かれており、氷柱の周りの温度は低くなるので涼めるからだ。

GE(ゼネラル・エレクトリック)創設者 トーマス・エジソン、をご覧ください
日本の電気はどうして50ヘルツと60ヘルツの2つがあるのか、をご覧ください
7月25日は、夏氷の日です、をご覧ください


posted by booknikoniko at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

アスクレピアスってどんなピアス?

 アスクレピアスって知ってます?

 これがアスクレピアスです(正確には、アスクレピアス・シルキーゴールドです)。

アスクレピアス.JPG


 アスクレピアスは、ガガイモ科で、和名をヤナギトウワタといいます。
 
 別名は宿根パンヤで、種と一緒に綿毛ができ、この綿毛は枕などの詰め物に使われていました。

 冬になると地上部が枯れ、根が残る多年草で、春に新しい芽を出します。






posted by booknikoniko at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

紅白の芙蓉

 紅白の芙蓉の花をどうぞ!

 芙蓉は、葵(アオイ)科で、学名を Hibiscus mutabilis といいます。学名にハイビスカスが入っていることがお分かりになると思います。

 朝花を開き、夕方にはしぼむ一日花です。

芙蓉紅.JPG


芙蓉白.JPG



posted by booknikoniko at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

オクラの花

 夏野菜の中でとりわけ美しい花で、オクラの紹介をしましたが、肝心のオクラの花の写真をアップしませんでした。

 御施餓鬼で実家に帰っていましたが、実家では家庭菜園として、トマト・ピーマン・キュウリ・青紫蘇・オクラなどを作っています。ちょうどオクラの花が咲いていましたので、アップします。

オクラの花.JPG


 夏野菜のオクラは、特有のネバネバは食物繊維の一種でペクチンやムチンを含んでいるのが特徴です。
効能としては、コレステロールを減らすことと消化促進があげられます。

 断面は五角形で緑色の実が主流ですが、八角形や丸型、赤や黄色の実もあります。

 夏野菜の中でとりわけ美しい花、をご覧ください

posted by booknikoniko at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

60から50へ、50から60への引越し

 今までに引越しを十数回した。60ヘルツ内での引越しもあれば、60ヘルツから50ヘルツへの引越し、50ヘルツ内での引越しもあれば、50ヘルツから60ヘルツへの引越しもあった。日本の電気の周波数のすべてのパターンを経験したことになる。

 60ヘルツから50ヘルツへの引越しは、3回ある。富山から横浜が1回、神戸から東京へが2回だ。50ヘルツから60ヘルツへの引越しも3回あって、横浜から名古屋が1回、千葉から神戸が1回、東京から神戸が1回である。

 周波数の違いで困ったのは、洗濯機のモーターの回転数の違いだったが、洗えればいいのだから、特に調整はしなかった。モーターが多少速く回ろうが、遅く回ろうが実用にそう困らなければいい、という考えだったからだ。一番困ったのは、電気時計だ。周波数の切替スイッチなどはついていなかったので、これは買い換えた。時間が違っていては生活できないからだ。遅刻の言い訳にもなりはしない、それどころかサラリーマン失格だ。

 愛用のLPプレーヤーは周波数が60だろうと50だろうと全く問題がない機種を買ったので心配はなかった。神戸・東京(千葉を含む)間を2往復した。その間にLP盤からCDに時代が移り、折角のLP盤のコレクションも意味がなくなってしまった。東京でLP盤を買うのはいつも秋葉原の石丸電気だった。

 神戸・東京間の出張も多く、週の内3往復したこともあった。宿泊すればよさそうなものだが、社内会議やお取引先との商談打ち合わせや会議の都合で宿泊もできなかった。神戸・東京間の出張はすべて新幹線を使用する。東海道新幹線は富士川を渡る。神戸から富士川を渡ると富士山がきれいに見えることが何度かあった。この富士川をはさんで西が60ヘルツで東が50ヘルツとなるが、東海道新幹線は一体何ヘルツで走行しているのだろうか。

 実は東海道新幹線は、富士川より東では浜松町・綱島・西相模・沼津の4箇所にある周波数変換変電所で東京電力から受電した後、50ヘルツから60ヘルツへと変換を行っているのだ。国鉄が民営化された時、稼ぎ頭の東海道新幹線の帰属をJR東海にするか、JR東日本にするかでもめたことがあったが、JR東海にしたことは電気事情からは正しかったというべきだろう。

 また、各電力会社間では電気の相互融通を行っているが、異なる周波数の電力会社間での相互融通のために、50ヘルツと60ヘルツの周波数変換を行う周波数変換所が設けられているので、困ることはない。夏の甲子園での高校野球の熱闘での電力不足の融通も、この50ヘルツと60ヘルツの周波数変換を行う周波数変換所のおかげで、実用上不都合は生じない。

日本の電気はどうして50ヘルツと60ヘルツの2つがあるのか、をご覧ください

posted by booknikoniko at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

日本の電気はどうして50ヘルツと60ヘルツの2つがあるのか

 アメリカの代表的な株価指数のダウ工業株30種平均は、1896年5月26日から算出開始されており、算出開始時からの構成銘柄で今も残っているのは、総合電機・金融会社のGE(ゼネラル・エレクトリック)のみである。

 このGE創設者は、大発明家として有名なあのトーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison)だ。エジソンと日本とは深い関係がある。それはエジソンが発明した白熱電球だ。白熱電球は、長い研究の末、フィラメント素材に京都の竹を用いたことで完成された。京都府八幡市にある男山の竹は、セルロースのフィラメントにとってかわる1894年までの約10年間、「八幡竹(はちまんだけ)」の名で、GEの前身のエジソン電灯会社に輸出された。

 創設者がエジソンのGEも日本とは深い関係がある。それは毎日毎日お世話になっている電気だ。
日本では静岡県富士川を境にして、東が50Hzで西が60Hzの周波数が採用されている。昔は周波数は、「サイクル毎秒」(c/s、略して「サイクル」)が使われていたが、1970年代にHz(ヘルツ)に切り替えられた。この東西で異なる周波数の元をたどると面白いことが分かる。

 明治19年(1886年)7月5日、日本初の電気事業者として東京電灯会社(現東京電力の前身)が営業を開始する。明治28年(1895年)東京電灯・浅草発電所操業開始。このとき使用したドイツ、AEG製の発電機が50Hzであったのが、東日本標準50Hzとなった。浅草発電所の発電機は、石川島造船所(現IHI)が製作したもので、交流200kw(キロワット)という優れ物だったが、故障が多く、結局、ドイツのAEG製発電機を併用した。この発電機が50Hzであったのが、東日本標準50Hzとなったわけである。

 一方、明治20年(1887年)、名古屋電灯、神戸電灯、京都電灯、大阪電灯が相次いで設立される。明治22年(1889年)、アメリカから交流発電機を輸入し、大阪電灯が交流式配電を開始する。この明治22年2月11日に大日本帝国憲法が発布されている。明治30年(1897年)、大阪電灯がアメリカ、GE製の発電機を増設する。この発電機が60Hzであったので、西日本標準60Hzとなったというわけだ。

 ドイツのAEG製発電機を製作したAEGとは一体どういう会社なのだろうか。
 AEGは、ドイツの電機メーカーで、Allgemeine Elektrizitats-Gesellschaft(アルゲマイネ・エレクトリツィテート・ゲゼルシャフト)の略で、英語訳するとGeneral Electricity Company、となる。どこかで聞いたような名前ではないか。

 エジソン・ゼネラル・エレクトリック・カンパニー(Edison General Electric Company)とトムソン・ヒューストン・カンパニー(Thomson-Houston Company)の両社が1892年に統合してできた新会社が「ゼネラル・エレクトリック・カンパニー(General Electric Company)」ではなかったのか。

 AEGは1883年創業の会社で、トーマス・アルバ・エジソンの特許を取得したユダヤ人実業家のエミール・ラーテナウが、Deutsche Edison-Gesellshaft(DEG:ドイツエジソン社)を設立し、1887年にAEGに社名を変更したのだ。

 AEGは1994年、スウェーデンのストックホルムに本社を置く世界的電機メーカー・エレクトロラックスの傘下となった。それ以降、「AEG」はエレクトロラックスの高級家電ブランドの名称となった。2005年よりブランド名は「AEG-Electrolux」へと変更されている。

GE(ゼネラル・エレクトリック)創設者 トーマス・エジソン、をご覧ください



posted by booknikoniko at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

知らなかった、今年がギネス250周年記念とは!

 まだ梅雨明けしていないが、久しぶりの夏の暑さの中でのテニス後のビールはうまい。今日はギネスビールがお昼の友だ。

 昨日、いつもとは違うスーパーDで「いまなら、250周年記念限定グラス プレゼント!」を見つけたので買った。330ml缶3本と250周年記念限定グラス1個のパッケージ商品である。その1本を飲んだというわけだ。

ギネス250周年記念.JPG


 ギネスビールは国産の缶ビールが350mlであるのに対し330mlで、アルコール分は4.5%、原産国はアイルランドのドラフトギネスだ。

 プルタブを開けると、缶内に白球のフローティング・ウィジェットが入っているので、変な少し大きな音がする。これはギネスビールの特徴であるクリーミィな泡を作るために入っているとのことだ。

 「ギネス250周年記念限定グラス」の箱には、こう書いてある。
ギネスビールの創始者であるアーサー・ギネスが、アイルランドのダブリンにあるセント・ジェームズ・ゲート醸造所でビールの醸造を始めたのは、1759年のことでした。それから250年、いまでは多くの熱狂的なファンを獲得し、150以上の国々のパブや家庭で愛飲されています。(以下略)

 パッケージには「ギネス250年の軌跡」が書かれている。書かれてあるのは本当に歴史の概略だ。その中の一つ、200年後の1959年を見ると、きめ細やかでクリーミィな泡のドラフトギネス販売を開始、とある。

 後の2本は夕食の友だ。

posted by booknikoniko at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

月下美人の花を食す

 昨日は月下美人の花が3輪咲いた。一昨日1輪咲いたので、今年になって4輪咲いたことになる。

 昨日は午後7時半頃には1輪が満開、1時間後の午後8時半頃にはあとの2輪も満開となった。例年より花が開き始めるのも、満開となるのも早い時間だ。いつもは夕方から匂いが漂ってきて午後9時前あたりから花が開き始めるのに、今年はもう満開になっている。

月下美人.JPG

月下美人3輪2.JPG


 今朝早く月下美人を見ると、3輪ともだらしなく垂れ下がっている。月下美人を観賞した後はいつも花を食べる。

 咲き終わった花を水にしばらくひたす。水に花をひたすのは、花びらをしゃきっとさせるためだ。花を水洗いするが、花粉はよく水で洗い流して、花びらとめしべ、おしべを取り出す。さっとゆがいて、三杯酢で食する。さっとゆがくとぬめりがでてくる。味はきわめて薄くぬめりがあるが、珍味ということでOKだ。

posted by booknikoniko at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

夏野菜の中でとりわけ美しい花

 「まあ、きれい!」という中年女性の声がよく聞こえる。夏の山田の里を歩いていると。山田の里は神戸市北区の西の方にある農村地帯だ。きゅうりやナスやトマトは畑で実をつけているから分かりやすいが、畑の中に大きな黄色で真中が濃い茶色の花が咲いているのは遠くからでもよく目に付く。「何の花かしら?」。

 畑に咲いている花はオクラの花で、トロロアオイによく似ている花で、ハイビスカスの仲間だ。野菜の花の中ではとりわけ美しい花だ。見るだけでも楽しめる夏野菜で、独特のネバネバとシャキシャキ感がある。

 夏野菜のオクラは、特有のネバネバは食物繊維の一種でペクチンやムチンを含んでいるのが特徴だ。効能としては、コレステロールを減らすことと消化促進があげられる。

 断面は五角形で緑色の実が主流だが、八角形や丸型、赤や黄色の実もある。

 夏野菜のナスについてはこちら ⇒ 綱敷天満宮には「なすのこしかけ」もあります、をご覧ください

posted by booknikoniko at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

欧米で加速する年金リストラ

 2009年(平成21年)6月1日、経営危機に瀕していた米自動車会社大手のGM(ゼネラル・モーターズ)が、連邦破産法11条(チャプターイレブン:日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。米自動車会社大手クライスラーも4月末に連邦破産法11条の適用を申請し、早期再建を目指しているが、それに続くものとなる。

 GMを一時国有化しないと再建できないということで、米国政府が介入し、政府支援と引き替えに再建計画を提示するという事前調整をしたうえで申請するという異常事態だ。すべてを市場が解決するという市場万能主義を執拗に声高に言い続けてきた米国がである。すべてを市場原理で処理していてはうまくいかないという現実をどう米国はとらえているかははなはだ疑問ではあるが。

 GMは燃費の悪い車を作り続けてきたが、リーマン・ブラザーズ破綻までの異常なマネー膨張による原油とガソリンの投機により燃費の悪さが致命傷となった。膨大な年金と医療負担が常に経営危機を常態化しており、破綻した。

 今、欧米では、GMの二の舞を避けようとして、企業は年金リストラを加速しており、リーマン・ブラザーズ破綻以降、個人の老後の生活にも影響を及ぼしつつある。

 金融危機により株安や不動産価格下落によって、欧米の企業年金の赤字問題は深刻になり、給付カットが相次いでいる。確定給付年金は運用成績悪化や退職者の寿命が想定より延びたことで、積立金が不足するたびに企業は穴埋めする必要があるので、手元資金に余裕のない企業には負担が重くなる。

 イギリスでは、大手銀行のバークレイズが6月、最高経営責任者が従業員に手紙を送り、年金制度の見直しを通知した。支払金額を保証する確定給付年金をやめ、金額がある程度運用結果に連動する新年金に移ってもらうためだ。

 アイルランドでは、「ウェッジウッド」ブランドで有名な陶磁器大手、ウォーターフォードが1月に経営破綻し、企業年金の積立金不足(債務超過)が判明した。受給者優先のルールにより、約1800人の現役従業員は掛け金を払っていたが、年金がゼロになった。現役世代の抗議が殺到したため政府は債務超過の企業の年金では、受給者への給付を抑え、現役世代のために積立金を保全する改革案を急遽決めた、とのことだ。

 日本ではどうか。日本も株価下落で企業年金の赤字(積立金不足)問題が表面化し、政府は企業による穴埋めを最長2年間猶予する時限措置を5月に決めている、とのこと。
(日本経済新聞 2009年(平成21年)6月17日「欧米、企業年金の赤字深刻」、を参考にしました)

posted by booknikoniko at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

ひったくりにご用心:バッグを車道側に持たず、バックに気を配り、バイクに注意する

 「手っ取り早くお金を手に入れられるから」という短絡的な動機から、ひったくりに安易に走ることが今年に入って増えているという。

 神奈川県警大和署では「ひったくり犯人が語る 〜防止8カ条〜」という防犯チラシを作って駅などで配って、ひったくり防止への取り組みをしているそうだ。

 「ひったくり犯人が語る 〜防止8カ条〜」は、ひったくり犯の手口や行動スタイルなどを分析して作成されているのが特徴だ。8つあります。参考にしてください。

 1.自転車のかごには防犯ネットをする
 2.ショルダーバッグはたすき掛けで
 3.自転車は(バイクが通りにくい)壁側にバッグを掛ける
 4.自転車の後ろのかごには絶対にバッグを入れない
 5.バイクのアクセルは右手で操作するので、右側を通行する人々へのひったくりは難しい
 6.見られたくないので後ろから近づいた時に振り向いた人にはやらない
 7.110番通報がすぐできるよう携帯電話はバッグに入れない
 8.自転車のハンドルを少しでもひねれば手が届かないので盗まれない
     (神奈川県警大和署が作成)

 バッグを車道側に持たず、バックに気を配り、バイクに注意して、ひったくりにご用心ください。
(以上、平成21年6月22日(月)日本経済新聞朝刊 ひったくり防止 総力戦を参考)

 以前、近隣の警察署が地域住民向けに「空き巣や車上あらしからどう守るか」の説明会がありました。その時には丁度空き巣の件数が減っていた時でした。防犯担当の警察官いわく、「空き巣の件数が減ったのは防犯の取り組みの成果ではありません。もうじき常習者が出所しますから、また増えます。」

posted by booknikoniko at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。