2009年11月13日

25×25の数独に挑戦する

 先日『数独通信16』を買った。相変わらず本屋さんのパズルの書棚には『数独』や『ナンバープレイス』の本が数多く並んでいる。『数独通信16』は最初の問題からやるのではなく、一番最後の問題からやる。

 最後の数独は、真坂川ラッコさんの25×25の作品だ。真坂川ラッコさんはこれで25×25の作品は2回目の掲載となる。表出数字で色んな絵を描くという作品が多いのが特徴だ。

 25×25の作品のイラストにはボタン雪が25個降っている。「ピッケルなしで、冬山を登っている。」というコピーがある。ピッケルなしに冬山に登れるほど簡単な問題を表していると思ったが、そうではないらしい。

 真中の5×5のブロックにはすぐに埋めることができた。いきなり9合目から頂上に登るような感じだ。四角の真中が1つあいているのが4個あり、ここもすぐ入る。しかし、その後はなかなか入らず思った以上に手ごわい。それどころか別の5×5のブロックに23がすでにあるのに23をまた入れるという様だ。早く気が付いたから良かったが、なかなか思うように入っていかない。

 早く確実に25×25の問題を解くには、冬山でなくてもピッケルが必要だ。

 あなたも数独に挑戦してみたら!
posted by booknikoniko at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

立冬の日の六甲山<人工>スキー場

 今日11月7日は二十四節気のひとつ「立冬」です。 暦の上では「冬」の到来です。

 冬生まれなのですが、冬は非常に苦手です。文字通り血の巡りが悪くて、寒くなってくると手足が冷たくなります。水仕事をするわけでもないのに手はあかぎれ状態になり、メンソレータムがかかせません。厚着をします。厚着でウォーキングしてもなかなか汗をかきません。

 一般的に「冷え性の人は肌がしっとりしていることが多い。肌が乾燥してくるのは、暑がりの人に多い」といわれますが、冬場は肌がしっとりするどころかかさかさ状態です。冷え性がひどすぎるらしく、本当に血の巡りが悪いのです。

 神戸にある六甲山<人工>スキー場では、 今シーズンのオープンに向け、立冬の日の11月7日(土)〜30日(月)までスキーゲレンデの雪づくりを開始します。毎年立冬の日から行われる雪づくりは、六甲山の冬の訪れを告げる風物詩の一つとなっています。

 12月1日(火)が六甲山<人工>スキー場のオープン当日となりますが、この日は駐車料金が無料となります(バスは除きます)。また3歳〜小学生のお子さんには、12月1日(火)〜6日(日)六甲山<人工>スキー場のマスコットの「スノイル」のストラップのプレゼントもあります。各日とも先着50名に限りますが。

サロモン日本限定のスキー板が人気です!
posted by booknikoniko at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

大きな大きなダイオウショウの松ぼっくり

 昔千葉に住んでいた時、大賀ハスを見に行ったことがあります。非常に鮮やかなピンク色は見事としか言いようがありませんでした。お釈迦様が蓮の花に座っているのも「むべなるかな」でした。美しく育った人間は、蓮の大輪の美しい花の姿のようになるのだ、との教えです。

 大賀ハスを間近に長時間見られたことは大いなる喜びでしたが、大賀ハスの近くに葉の長い松があるのに気付きました。名札には「ダイオウショウ」と書かれていました。

 神戸に引越して武庫川学院甲子園会館(旧甲子園ホテル)の見学会に行ったことがありました。立派な庭園を散策していると、庭園を管理されている方からダイオウショウの松ぼっくりを一つ頂戴しました。家に帰ってダイオウショウの松ぼっくりを見せると、昔写真を撮ったことがあるでしょう、と言われました。昔とは千葉にいた時のことですが、すっかり忘れていました。

 武庫川学院甲子園会館(旧甲子園ホテル)の方から頂戴したダイオウショウの松ぼっくりは20cm弱あります。比較のためクロマツの松ぼっくりと松ではありませんが、スギ科のコウヨウザンの球果(葉の枝先につけます)と一緒に撮りました。

ダイオウショウのマツボックリ.JPG


色々あって面白い松ぼっくり。クリスマス・ツリーやリースの飾りにどうぞ!
posted by booknikoniko at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

新型インフルエンザに罹り重篤化しやすい基礎疾患を有する者等の検証はどうなっているのでしょうか?

 今日の日本経済新聞に「新型インフルエンザ ワクチン接種について」という政府広報 厚生労働省の全面広告が掲載されています。もう目にされた方も多いと思います。 

新型インフルエンザの国内の患者数が推計100万人を超えたそうです。国内の新型インフルエンザ感染者の死亡者数は疑い例も含めて11月2日現在で計43人となっています。10月30日に発表された大東市の男性(46)の死因は急性肺炎で、基礎疾患(持病)はなかったということです。

 新型インフルエンザのワクチンの接種ですが、医療従事者に次ぐ優先順位の基礎疾患を抱える入院患者や妊婦に対し、新型インフルエンザのワクチンの接種が10月30日、岐阜、和歌山、山口の3県で始まりました。兵庫県では11月2日に入院患者らの接種を開始しました。

 新型インフルエンザはH1N1型(豚インフルエンザ)であろうとH5N1型(鳥インフルエンザ)であろうと、季節型インフルエンザと違って基礎免疫がありませんので、発症当初からパンデミックが予想されるので問題になっています。

 何を根拠に重症化のリスクが高いといっているのか気になりましたので、調べてみました。

 根拠となっているのは、厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部事務局から平成21年5月22日に出された「重篤化しやすい基礎疾患を有する者等について」という事務連絡と思われます。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/infu090523-04.pdf

 この「重篤化しやすい基礎疾患を有する者等について」という事務連絡には、次のように書かれています。<参考>として「季節型インフルエンザの高リスク群について」の資料もありますが、割愛します。

重篤化しやすい基礎疾患を有する者等について
下記文献によれば、新型インフルエンザに罹患した者のうち基礎疾患を有する者の特徴は次の通りである。
○ 文献1
CDC、Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)Vol.58/May 18,2009
Hospitalized Patients with Novel Influenza A(H1N1) Virus Infection-California,
April-May, 2009
【調査方法】
カリフォルニア州で2009 年5月17 日までに新型インフルエンザと報告された553 例
(確定333 例、疑似症例220 例)のうち、入院30 例を検討した。
【基礎疾患等】
慢性肺疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患等)、免疫不全状態(T 細胞性免疫不全等)、慢
性心疾患(先天性心疾患、冠動脈疾患等)、糖尿病、肥満、妊娠
○ 文献2
New England Journal of Medicine May 7,2009/05/21
Emergence of a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus in Humans
【調査方法】
2009 年4 月15 日から5月5日まで米国41 州で発見され入院した39 例について検討した。
【基礎疾患等】
自己免疫疾患、先天性心疾患、喘息、妊娠、重症筋無力症等


 文献1でも文献2でも調査方法をみると、入院30例とか39例とかを検討して基礎疾患等を導いているようです。日本国内の新型インフルエンザ感染者の死亡者数は疑い例も含めて11月2日現在で既に計43人となっています。発表をみると意識的に基礎疾患等と結び付けようとしていると感じられてしかたありません。本当に基礎疾患等との関係がどの程度あるのか十分検証できると思いますが・・・。
 
 手洗いやうがい、咳エチケットの当たり前の予防策が飛沫感染や接触感染を防ぐ近道です。

posted by booknikoniko at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

姫路城大天守保存修理支援定期預金をしました

 久しぶりに定期預金をした。期間は1年(自動継続方式のみ)だが、金利が特別に良かったから定期預金をしたわけではない。金利は0.12%だから大体どこの金融機関でも1年定期ならそう変わらないはずだ。

 なぜ定期預金をしたのかというと、実は今日(平成21年11月2日)から来年の平成22年2月26日まで「姫路城大天守保存修理支援定期預金」を発売する金融機関があったので、今まで何回も行っている世界遺産の姫路城や仕事の関係で姫路にはお世話になっていることから、この定期預金をしたものだ。

 取り扱っているのは、姫路市に本店のある播州信用金庫で、同じ姫路市に本店のある姫路信用金庫とは何かにつけていつも張り合っている信用金庫だ。

 この「姫路城大天守保存修理支援定期預金」は、姫路城の「平成の大修理」に役立ててもらおうと播州信用金庫が企画したもので、来年2月までに集まった元本の0・1%相当を、播州信用金庫が拠出し、姫路市に寄付することになっている。

 個人客を対象に、兵庫県内の全64店舗で取り扱っており、預け入れは一括で、1年ごとの自動継続方式、金額は1人10万円〜1千万円、適用金利は、預入時の店頭表示のスーパー定期預金1年ものとなっている。

 姫路城大天守保存修理工事は、今月から始まり平成26年度の約5年かけて実施される。世界遺産であり、国宝である姫路城大天守の外壁および屋根瓦の補修と耐震性能評価に基づく構造補強などの保存修理工事が行われる。昭和の大修理と言われる昭和39年に完了した解体復元工事から45年が過ぎたための本格的な保存修理工事となる。


 2年前の平成19年11月2日、国宝・姫路城にて行なわれたプレミアム・ライヴ 森山 直太朗 / 2007 姫路城 や日本のおみやげコンテストで銀賞とイギリス賞を受賞!した タンブラー/姫路城 やTBS系人気番組『世界遺産』DVDシリーズの 姫路城 があります
posted by booknikoniko at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

ギリシャ神話に登場する美しい水の妖精の名にちなんだ花

 わが家の庭の植木鉢には、今ネリネの濃いピンク色の花が咲いています。

 ネリネは別名をダイアモンドリリーといいますが、これは花弁がキラキラ輝いて見えることからそう呼ばれるとのことです。ネリネはヒガンバナ科の植物で、ヒガンバナ(曼珠沙華)同様、開花期には葉がなく、葉があるときは花がありません。

 日本に渡来したのは大正時代で、南アフリカに自生する原種をもとに現在の品種が作られました。名前はギリシャ神話に登場する美しい水の妖精、ネーレーイスの名にちなんだものです。

ネリネ.JPG

posted by booknikoniko at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

これまでに経験した予期せぬ「臨時収入」の最高額はいくらですか?

 今朝(平成21年10月24日(土))の日経PLUS1に「当世ふところ事情」欄に「予期せぬ「臨時収入」、最大でいくら?」の記事がでている。インターネット調査会社を通じ、全国の成人既婚男女から有効回答数618人(男女半々)を得た結果だ。

 親族からの贈与、宝くじやギャンブルの当選など、これまでに経験した予期せぬ「臨時収入」の最高額を聞いたところ、経験のある人の中では「1万円以上5万円未満」が18%で最も多く、続いて小差で「1万円未満」と「5万円以上10万円未満」だったそうだ。「100万円以上」の人も6%いて、最高額は2千万円とのこと。

 今まで自分が経験した予期せぬ「臨時収入」を思い出してみた。だいたい予期した「臨時収入」は予期した額より少ないか、全く実入りがなく当てが外れたことの方が圧倒的に多い。「取らぬ狸の皮算用」になってしまっている。

 ようやく思い出したのは、退職後にボーナスが思いがけず振り込まれたことだった。金額は「10万円以上20万円未満」に該当する金額だった。秋に退職したのだが、冬のボーナスの対象時期に勤務していたから支給する、とのことでこれは何よりありがたかった。

 この調査では、100万円の臨時収入があれば何に使うかも聞いているが、6割弱の人が「貯蓄」を挙げたそうだ。

家計を助ける本いろいろ
posted by booknikoniko at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

外科医での新型インフルエンザ

 昨日から消炎・鎮痛スプレーのお世話になっている。近所の外科医から錠剤とともに処方され渡されたモノだ。消炎・鎮痛スプレーとは野球でデッドボールをうけたり、バッターが自分で打ったボールを体に強く当てたりした時に、ボールが当たった所に痛み止めとしてスプレーするモノだ。

 テニスのプレー中に転倒して骨折をしてしまった。低いボールを打ち返そうとして頭から一回転してしまい、左手親指を骨折するハメになった。手足には数箇所ずつの擦り傷もあるが。

 近所の外科医に待ち時間と診療時間をあわせて2時間強ほどいたが、その間に3人の新型インフルエンザ患者が来診した。外科医で新型インフルエンザの治療をするとは予想外だった。普段からこの病院は腰痛やひじやひざ痛で電気治療や牽引治療の患者が多いのに、どうして新型インフルエンザの治療をするのか、と意外だったからだ。

 この病院は外科医だけでなく看板に他の診療科目も実は書いてあり、そういえば風邪の診療も以前からやっていた。今は新型インフルエンザの指定病院となっているらしく、それで受診に来ているらしい。

 この病院には裏口や別口はなく表口しかないので、新型インフルエンザ患者も入口は一つしかない。入室すると待合室や通常の診療室や処置室等にはいかず新たな隔離用の部屋に入るのでできるだけ接触しないようになっている。外科医で新型インフルエンザの患者に出会うことは全くの想定外だった。

 気付いたきっかけは突然看護師の「タミフル」という言葉が耳に入ってきたからだ。「タミフル」服用の注意を説明しているのが聞こえてきたからだ。体温管理についての説明や2日間は常に見守っていることなどを説明していた。

 3人の新型インフルエンザ患者に共通していたのは、3人とも若い女性であったこと、20歳代前半から後半にかけての年齢で、OLか既に結婚していてお子さんもいらっしゃるような方だった。そして付き添いに母親がいたこと。母親の年齢は50歳代後半から60歳代前半と思われた。

 抗インフルエンザウイルス薬の「タミフル」を10代が服用しての異常行動が問題となっていたが、どうやら医療現場では10代ではない20代の大人でも「異常行動」があるといけないので、新型インフルエンザ患者を常に見守ることのできる家族も一緒に病院に来るように言っているらしい。そのため母親も一緒に病院に来て服用後の2日間の異常行動がないかどうかを見守るようにしているようだ。

 近所の小学校ではあるクラスが新型インフルエンザで休校児童が規定の人数を超えたので、学級閉鎖した。1週間経って登校できるようになったところ、倍以上の児童が休校したためさらに1週間学級閉鎖にしたそうだ。

 新型インフルエンザは着実に広まっているようだ。


新型インフルエンザに充分注意しないといけない。

インフルエンザによる超過死亡って何?、をご覧ください
posted by booknikoniko at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

10月21日は「あかりの日」です

 10月21日は「あかりの日」です。これは1879年(明治12年)10月21日、米国の発明王トーマス・エジソンが世界ではじめて実用的な白熱電球を発明し、40時間点灯させた日にちなんだものです。「あかりの日」は、この歴史的な日を記念し、エジソンの偉業をたたえて1981年(昭和56年)に制定されたものです。

 照明は暮らしに豊かな彩と潤いを与える重要な役割を担っていますが、あかりを提供する照明器具は意外に電力を消費しています。家庭での機器別の電力消費量では、エアコン、冷蔵庫に次いで照明器具は第3位の約16%を占めているそうです。

 ライフサイクルCO2(LCCO2)と呼ばれる建築に起因する二酸化炭素(CO2)排出量を算出するために、建物寿命1年あたりの二酸化炭素(CO2)排出量を評価する手法がありますが、照明器具のライフサイクルCO2は、98%以上が使用時の消費電力だそうです。

 使用時の消費電力を削減することが二酸化炭素(CO2)排出量削減には効果がありますが、照明を効率的に使用することが環境への負荷軽減に大いに役立ちます。そのため今白熱電球を省エネ型ランプに切り替えていく行動方針が掲げられています。

 その代表的な照明器具として、電球型蛍光ランプや高周波点灯専用型(Hf)蛍光ランプ、発光ダイオード(LED)の需要が増えつつあるようです。

GE(ゼネラル・エレクトリック)創設者 トーマス・エジソン、をご覧ください

エコロジーとエコノミーな「あかり」をお部屋に!
posted by booknikoniko at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

紅葉したアメリカハナミズキと実

 住んでいる街の街路樹は色々植えられています。楠、ケヤキ、イチョウ、アメリカハナミズキ、ムクゲ、百日紅等々。

 このところの冷え込みでアメリカハナミズキやケヤキが紅葉しつつあります。イチョウはもう少し経つと黄葉してくるでしょうが、いまだしです。近所のアメリカハナミズキの紅葉と実の写真をアップします。

アメリカハナミズキ.JPG


 もう少し経つとケヤキが落葉します。落葉すると今まで葉っぱで隠されていた景色が遠くから見えるようになります。見通しが非常によくなります。今まで隠されていた景色が今度はどう見えるかが楽しみです。

紅葉を見に旅に出ません?
posted by booknikoniko at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

スズメバチの「言葉」である香りを山や森に持ち込むと危険な目にあうかもしれません

 先日、高塚山に登ってムベの実の写真を撮ってもう少しで北入山道入口に戻ろうとする時に、ジャノメ系の蝶々を見つけた。確かめようと思って少し後を追いかけている時に強い羽音を耳にした。羽音の主はオオスズメバチだった。多分ソヨゴと思われる木の根元にとまった。攻撃はしてこなかったので安心した。樹液があるとは思えなかったが、ゆっくりと北入山道の入口を出た。今までオオスズメバチは勿論、他の蜂は見たことがなかったが、どこかにオオスズメバチの巣があるらしい。

 そういえば今まではなかった蜂に関する注意の掲示が北入山道入口にしてあった。オオスズメバチが間違いなくいるので、これからは服装には十分注意して高塚山に登らないといけない。
 オオスズメバチに限らずスズメバチは10月が最も危険な時期らしいので、香りとか色とかには注意する必要がある。

 オオスズメバチの「警報フェロモン」の成分を突き止めた小野正人さん(玉川大学農学部助教授)によれば、「人がよい香りと感じる化学物質が、スズメバチの「言葉」であることを考えてください」とのこと。人が使う天然香料や合成香料、食品の中に、スズメバチの「言葉」がある可能性が高く、警報フェロモンや餌場マークフェロモン、女王蜂だけが出す女王物質や性フェロモン、幼虫が出す蜂児フェロモン、「ここに巣を作るぞ」と仲間に呼びかける造巣フェロモン、同じ巣の仲間だけを識別する巣仲間認識物質などをやりとりしているそうだ。

 だから、スズメバチが言葉を交わしているかもしれない山や森には、香りは持ち込まず、スズメバチの世界を乱さず、不幸な「ハチ合わせ」を避けてほしいのです、と小野正人さんは語っている。
(ご参考:http://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/wave35.html

スズメバチ用の殺虫剤があります!

posted by booknikoniko at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

10月31日(土)マンドリンのコンサートがあります

 芸術の秋です。知人には何故かマンドリンをやっている人が多い。ある知人の方からマンドリンのコンサートの案内をいただきました。

 大西功造&マンドリンアンサンブル<楽楽・神戸>コラボレーションコンサート、というコンサートです。
 平成21年10月31日(土)14時40分の開演で、神戸大学六甲台講堂で行われます。

 演奏曲は
♪ マンドリンソロ:大西功造
 C.ムニエル    愛の歌
 R.カラーチェ   小さなガボット ほか

♪ コンチェルト
 服部正編曲   「荒城の月」を主題とせる2つのマンドリンの為の変奏曲
 J.マスネ   タイースの瞑想局

♪ 秋に寄せる日本の歌メドレー
 旅愁、小さい秋みつけた、秋桜 ほか

♪ ヨーロッパのしらべ
 J.イヴァノヴィッチ  ドナウ河の漣
 E.エルガー      威風堂々

となっています。いずれもなじみのあるなつかしい曲が多いですので、一緒に口ずさんで歌っていただけるのではないでしょうか。

 マンドリンソロの大西功造さんは、1976年生まれで、明石市に住んでおられます。神戸大学農学部のご卒業で、大学在学中から演奏活動を始められたそうです。CDも何枚かリリースされています。
 
 マンドリンアンサンブル<楽楽・神戸>は、神戸大学マンドリンクラブOB/OGの有志を主体とした合奏団で、「50人で3000歳のオーケストラ」として活動されています。

 10月末日の土曜日をマンドリンのコンサートで是非お楽しみください。


マンドリンも色々あります!

posted by booknikoniko at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

TOKKに掲載された阪急100年史

 今日10月14日は鉄道の日です。以前は鉄道記念日といっていたはずなのに、いつから鉄道の日になったのか調べてみました。

 『ウィキペディア(Wikipedia)』の「鉄道の日」を見ると、次のように書かれています。「明治5年9月12日(新暦1872年10月14日)に、新橋駅(後の汐留貨物駅、現・廃止)と横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)とを結んだ日本初の鉄道(現在の東海道本線の一部)が開業した(詳細は日本の鉄道開業を参照)。そして、1921年(大正10年)10月14日に鉄道開業50周年を記念して東京駅の丸の内北口に鉄道博物館(初代)が開館したことを記念したもので、翌1922年から鉄道記念日として鉄道省により制定された。
1949年には日本国有鉄道の記念日となり、分割民営化後も引き続きJRグループの記念日としてJRグループ内で祝われていた。だが、1994年に運輸省(現・国土交通省)が「『鉄道記念日』のままではJRグループ色が強い」という提案で、「鉄道の日」と改称し、JRグループを始めとしたすべての鉄道事業者が祝う記念日となった。」とあります。国鉄民営化が鉄道記念日にまで影響しているとは驚きでした。

 阪急では阪急沿線向けに情報誌を発刊しています。TOKK(トック)という名前です。TOKKというのは阪急の主要起点のある都市の名前の頭文字をならべたものです。Tは宝塚、Oは大阪(梅田)、Kは神戸(三宮)、もう一つのKは京都(河原町)です。TOKKの10月15日号に「歴史 阪急100年史を振り返ろう」が掲載されています。

 その中からいくつかあげてみたいと思います。

明治43年(1910年)3月10日、現在の宝塚線・箕面線にあたる箕面有馬電気鉄道が営業を開始
大正7年(1918年)、阪神急行電鉄に社名を変更
大正9年(1920年)、神戸本線・伊丹支線が開業。梅田〜神戸(上筒井)間を結ぶ
昭和3年(1928年)、大阪(淡路)〜京都(西院)間と支線の桂〜嵐山間が開通
昭和11年(1936年)、神戸本線の終点が三宮まで延長される
昭和34年(1959年)、梅田〜十三間が三複線になる
昭和42年(1967年)、千里ニュータウン建設にともない、南千里山〜北千里間が開通。北千里駅では全国初めての自動改集札機が導入される
昭和59年(1984年)、西宮北口駅にある平面軌道交差(ダイヤモンドクロス)廃止される
平成18年(2006年)、阪急阪神ホールディング誕生


鉄道の日に似つかわしいのは車両でしょう!

posted by booknikoniko at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

イヤガ谷東尾根から菊水山を歩く

 以前は体育の日だった10月10日に、好天に恵まれる中、半年ぶりに神戸電鉄の駅長ハイクに行った。「イヤガ谷東尾根・菊水山コース」で一般向約12kmだ。湊川9時38分発の小野行きに乗って西鈴蘭台で降りる。

 10:00 西鈴蘭台駅スタート。最後尾でのスタートとなる
 10:08 南五葉小学校は運動会でにぎやかだ。君影町中を歩く
 10:24 イヤガ谷入口、ここからは山道となる
 10:35 君影ロックガーデン。これから目指す菊水山のNTTの鉄塔や神戸空港、鈴蘭台の街中もよく見える

君影ロックガーデンから菊水山.JPG


 「き56−xx」で表示されている緊急時の通報場所をどんどん通過する。以前は緊急時にはどこで事故や具合が悪くなったのかを連絡するのに場所をどう表現するか難しかったが、近くに表示されている番号を携帯電話が通じれば携帯で、あるいは無線で連絡すればよくなった。最近はヘリコプターの出動を目にしてはいない

 関西電力の鉄塔が頻繁にでてくる。道案内の標識には関電巡視路と書いてあり、今歩いている山道は送電線のメンテナンスの道にもなっている。

 11:24 山道から舗装道路へと出る。昼食ポイントの烏原貯水池の花の休憩所へと歩く
 11:30 花の休憩所着、ここで昼食、11939歩だ(家を出発してからの歩数)。先頭は11時40分にここを出発するとのこと。最後尾は随分と離されたものだ

 11:55 花の休憩所発、先ほど歩いた道を少し逆走し、菊水山を目指す
 11:58 イヤガ谷にかかる伊豆橋からは菊水山まで3.5kmだ
 12:08 鈴蘭台下水処理場を経て、六甲全山縦走路を歩く
 12:25 菊水山まであと900mの案内板
 12:46 急な道悪を登って菊水山に到着、標高は458.9m、17122歩。人工島の六甲アイランドの先に大阪南や堺の大阪湾がきれいに見える。
 
菊水山頂.JPG


 菊水山登山署名所を経て、13時10分菊水山登山口に着く。いつもはここでシールをくれるが今回は誰もいない。
 13:20 ゴールの鈴蘭台駅着、シールをもらう、20707歩

 13:22 鈴蘭台から湊川に向かう

 このコースは3回目で、逆から歩くコースは2回ある。すすきは風によく揺れていたが、紅葉にはまだまだ早過ぎる。
 
posted by booknikoniko at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

行政解剖は司法解剖や病理解剖とどう違うの?

 中川昭一元財務・金融担当大臣が自宅で死亡しているのが見つかりましたが、警視庁は遺体の状況などから自殺の可能性は低いとみて、行政解剖をして詳しい死因を調べることにしたそうです。司法解剖という言葉は馴染み深いですが、行政解剖という言葉を今回初めて知りました。

 昔、家族や親戚が面倒を見て、見守る中で臨終を看取る場面を映画やドラマでよく見ました。残念ながら父と弟の臨終を看取ることはできませんでした。

 弟の場合は病院の隔離された部屋で亡くなりましたが、感染の恐れがあることで隔離部屋への入室を禁じられましたので、最期の顔を見ることもなく言葉をかわすこともなく弟はあの世へ逝ってしまいました。残念でなりません。

 父は常日頃「畳の上で死にたい」と言っておりましたが、気付いた時には既に死後2〜3時間経っていたようです。誰にも看取られることなく穏やかな顔であの世に逝ってしまいました。ところがその後が大変だったそうです。死因に事件性がないかどうか徹底的に長時間調べられたそうです。殺害したのでないことを証明せよと母は執拗に長時間警察官から詰問されたそうです。

 近所に元警察官の妻が冬に自宅で亡くなりました。この時も大変だったそうです。冬は寒いので寝る時に首にマフラーをして寝るのを習慣にしていたそうですが、朝二度と目覚めることがない日が訪れました。この時もご主人の元警察官や娘さんに対してマフラーで首を絞めて殺害したのではないかと、執拗に長時間詰問されたそうです。

 映画やドラマと違って臨終時に家族や親戚が看取るなかで医者に告げられる場合は、すぐに死亡診断書が書かれ後の段取りがしやすいのでしょうが、そうでない場合は本人の思いとは別に、自宅で死ぬということは大変なことです。

 父の場合は、死亡診断書ではなく死体検案書でした。死体検案書は死亡診断書と同じ効力を持ちますが、タイトルが事件性がなくても事件性があるように感じられる表現なので非常に抵抗を感じます。

 へんな話ですが、大事な大切な息子を亡くした母は「病院で亡くなってくれてよかった。あの嫌な思いをしなくてすんだ」と今もよく言います。

 ところで、初めて知った行政解剖という言葉ですが、これは死因が不明の場合、自然死(病死、老衰など)か、事故死か、あるいは他殺死かを特定するために行われる解剖のようです。よく聞く司法解剖は、死因が明らかに他殺と推測される場合、その直接死因は何か(包丁で刺されて死亡したと思われる場合、本当に直接死因が包丁で刺された事による失血死か?)などを調べるために行われる解剖です。

 弟の場合行われた解剖は、病院で死亡した弟の死因を調査するため、遺族の同意の基に行う解剖になりますんので、病理解剖になります。

フラッシュバック、をご覧ください

posted by booknikoniko at 17:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

あなたは隠れ肝臓病ではないでしょうね?

 今日(9月29日)のNHKの生活ほっとモーニングは「いま話題沸騰!あなたも隠れ肝臓病?」というテーマでした。今年の9月16日にNHKの「ためしてガッテン」で、気づかぬうちに肝炎にかかり、重い肝臓病につながる可能性がある人が、全国で100万人以上いるという「隠れ肝臓病100万人」について取り上げて放送したところ、大反響を巻き起こしました。そこで今朝の生活ほっとモーニングでは、「ためしてガッテン」の内容を凝縮し、新たな取材も交えて、隠れ肝臓病を防ぐための方策などを紹介しましたものです。

 ここで言われている「隠れ肝臓病」とは、ウイルス性肝炎患者の数は、B型C型あわせて300万人以上いると言われていますが、そのうち100〜200万人は感染していても気づいていない状態とされています。このように顕在化していない患者さんを「隠れ肝臓病」と表現しています。健康診断の肝機能検査で正常と言われていても、重い慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんに進行していることもありますので、肝炎ウイルス検査を受診することが必要になります。

 現在、会社(サラリーマンの場合)や地方自治体(自営業者や主婦の場合)による健康診断がありますが、肝機能検査としては、AST(GOT)、γ−GT(γ−GTP)、アルプミンの検査項目があります。健康診断を受診し肝機能検査の値が基準値内だから、肝機能に問題はない、肝臓は健康だ、とは言えないことが分かってきたそうです。それはこの中の肝機能検査ALT(GPT)の基準値に問題があることが分かってきたからです。

 ALT(GPT)の基準値はこれまでは41以下でしたが、近年、肝臓の研究が進み、ALT(GPT)の数値が40以下でも、肝臓にはさまざまな異常が起きていることが分かって来ました。脂肪肝、ウイルス性の慢性肝炎・肝硬変・肝臓がん、非アルコール性脂肪肝炎などの病気の可能性が考えられるそうです。今ではALT(GPT)の値が「31」以上だった場合、ウイルス検査を受けることを勧めているそうです。

 肝臓の病気というとお酒が原因と思われるのが普通ですが、実は、肝硬変の6割、肝臓がんの9割が「肝炎ウイルス」が原因と言われているそうです。お酒の飲みすぎだからといって肝硬変や肝臓がんになるわけでもないようです。

 日本で見られる主な肝炎ウイルスは、A型、B型、C型、E型の4種類です。日本で見られる主なA型とE型は、水や食べ物を通じて感染し、まれに重症化することもありますが、自然に治りやすいのが特徴です。一方、B型は感染力が強く、C型は慢性化しやすいのが特徴で、B型は血液と体液、C型は血液を通じて感染します。空気感染などでは決して感染しません。

 私の住んでいる神戸市では、健康診断時にB型肝炎検査とC型肝炎検査が無料で受診できます。B型(HBs)抗原とC型(HCV)抗体の検査をしており、「B型とC型の肝炎ウイルスの感染の可能性を調べています。肝炎ウイルスに感染していると、慢性肝炎・肝硬変や肝がんになる危険性が高くなります。」と書かれています。

 どこで肝炎ウイルス検査が受けられるかは、お住まいの自治体により異なりますので、お近くの保健所にお尋ねください。

 番組に出演された岡上武医師(大阪府済生会吹田病院の院長)の肝臓病についてのご本です。






posted by booknikoniko at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

あなたの家計管理はあいまいですか?

 昨日(平成21年9月26日(土))の日経PLUS1に「家計管理、あいまいにしてない?」の記事がでています。インターネット調査会社を通じて、9月上旬に全国の既婚男女から有効回答数1030を得た結果がでています。

 わが家の家計管理を診断してみるとどうなるでしょうか。

 「財布の中身が減ったけど「覚えがない」経験は?」という質問ですが、わが家の場合「たまにある」になります。調査では466(45%)になります。「覚えがない」のは少ない金額ではなく、大体が冠婚葬祭の場合です。お祝いや香典、お見舞いなどの場合が意外ともれています。あの時いくら包んだっけ、という時に困る場合が多いので、覚えてないといけないのですが、どういうわけか覚えていない時が多いのです。

 次に「クレジットカードの明細を見て驚いた経験は?」という質問ですが、これも「たまにある」になります。インターネットで注文したことを忘れて、これは注文したことを忘れる場合と、注文は覚えているのですが金額を覚えていない場合があって、支払予定にはいっていなかったのにあわてて引落用の預金口座に入金することがあります。調査では188(18%)ですので、しっかりと家計管理されているご家庭が多いようです。

 3つ目は「家計管理、現状に近いのは?」ですが、これは「収入−貯蓄=支出」で、調査では339(33%)となっています。我が家では積立預金を自動引落していますので、金利はともかく元本は着実に増えています。

 最後は「家計簿上の「使途不明金」、月いくら?」ですが、正直なところよく分かりませんので、「5000円未満」にしておきたいと思います。実際には2万円以上だったり3万円以上だったりすることもあるでしょうが、文字通りたまにあるだけですから、そうしたいと思います。

 家計簿はつけていますが、実態はどんぶり勘定みたいなものです。お互いのへそくり大歓迎でやっています。たとえば、チケットショップで切符などを購入した場合、差額をへそくりにしてもよいことにしていますので、家計簿には正規の金額となっていますが、詮索は全くしません。へそくりは才覚だとお互いの合意事項になっています。

posted by booknikoniko at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

あの日から50年も経ってしまったなあ!

 昭和34年(1959年)9月26日土曜日、ちょうど50年前のことだった。翌27日の日曜日は近くの中学校の運動会、その1週間後には小学校の運動会の予定だった。みんなが楽しみにしていたが、中止となってしまった。

 当時、名古屋市M区に住んでおり、小学校の6年生だった。大きな台風が来ると上陸前から話題になっていた。どこに上陸するかで、台風の目がどこにあるかで風の威力が異なるので、話題になっていた。話題になっていたのは大きな台風が来ることだけではなかった。同じ9月26日に洞爺丸台風(昭和29年)や狩野川台風(昭和33年)があったので、9月26日は恐れられていた日だった。

 何時ごろから風が強くなりだしたのかは覚えていない。いつもより早めに夕食を終えたのだと思うが、はっきりとは覚えていない。午後7時ごろには停電となったのではないだろうか。直径が4cmを超え高さが20cm以上もある大きなろうそくを何本も準備していたので、2本に火をつけて灯りをとった。

 停電はしていたが、台風情報は知っていた。というのはおもちゃみたいな地球型のゲルマニウムの鉱石ラジオがあったので、停電はしていたが、コンセントにさしこむとNHK第1放送の台風情報をはっきり聴くことができた。ラジオを聴いていたのは父だった。

 だんだん風が激しくなり家は風で揺れ、柱は音をたててきしむ。外では何かは分からないが、物が飛んでいる音が頻繁に聞こえる。かわらが飛んで雨戸のないガラス戸に当たらなければいいがとビクビクしていた。

 そのうち雨漏りがあちこちで始まり、バケツや洗面器では足らなくなり鍋も総動員したが、全部をカバーできなくなり雨が漏ってくるのを見つめるばかりとなった。柱が何回も大きな音をたてるので、家が倒れはしないかと大きな音をたてている柱を支えたりもした。

 家が倒れるのも怖かったが、危ないと思ったのは畳が1枚吹き上がり、あわてて父と二人で吹き上がりつつある畳に体を倒して吹き上がらないようにした。何とか押さえ込むことができた。完全に吹き上がっていたとしたら屋根は抜けてしまっていただろう。危ないところで逃れることができた。

 風が少しおさまってきたのは、27日の午前2時ごろだったろうか。初めて徹夜をした日となった。

 台風一過の朝は素晴らしい晴天だった。天井や壁には雨漏りの跡や水滴があった。一体どうなっているのかと近隣を見て回った。驚いたのは雨戸の戸袋がなくなっていたことだ。3軒先の家の庭まで吹き飛ばされてしまっていたのだ。どこから飛んできたのかと先方もさぞかしびっくりしたことだろう。屋根瓦が少なからずとんでおり、ずれたままとなっていた。トタン葺きの屋根の家が2軒あるが、2軒とも屋根は吹き飛ばされていた。

 一番印象に残ったのは、昔は駐在所があったところにモダンなガラス張りの2階建ての家が1軒あったが、無残にも木っ端微塵に砕け散っていたことだ。

 伊勢湾台風の犠牲者数は5千人位だと思っていたが、調べてみると死者・行方不明者は5,098人、負傷者39千人にのぼっていた。

 28日の月曜日、雨が降りそうだ、ということで屋根をブルーシートで覆った。電気がようやく灯るようになったのは1週間後だった。久しぶりにテレビを見ることができ嬉しかった。

 しばらくして家にある2本の桜の木に花が咲いた。狂い咲きと言われるが、桜にとってあの台風は冬の寒さ以上の試練の厳冬だったに違いない。

 その後、高潮の被害を受けた名古屋市の道徳小学校の6年生の男の子を1人クラスに迎えた。そして、十四山村と飛島村から女の子を1名ずつクラスに迎えた。1〜2ヶ月間の仲間も還暦を迎えてしまったが、どうしているだろうか。

 ゲルマニウムの鉱石ラジオのおかげで台風情報を知ることができて助かったが、新たにソニーのトランジスタラジオを買った。このトランジスタラジオは実家にまだあるだろうか。
 
posted by booknikoniko at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

辻井伸行さんが在学する上野学園の石橋メモリアルホール

 少年時代から全盲の天才ピアニストとして注目を集めてきた辻井伸行さんが今年6月7日、米テキサス州フォートワースで開かれた最難関といわれる「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で見事、日本人初の優勝を果たしました。

 実は辻井伸行さんは上野学園大学の演奏家コース3年次生です。

 上野学園といえば石橋メモリアルホールが有名で、結婚して初めて行ったコンサートホールがこの石橋メモリアルホールでした。服部豊子さんのヴァイオリン・リサイタルに行ったのです。妻の知人が服部豊子さんに師事していたから聴きにいったものです。

 服部豊子さんは、昭和20年代「3大美人ヴァイオリニスト」の一人として大活躍された方ですが、あとのお二方は諏訪根自子さん、巖本真理さんです。懐かしいお名前です。

 服部豊子さんは昭和52年(1977年)よりウィーンに移り住みますので、国内での最終演奏に近かったのかもしれません。演奏曲は忘れました。どこかにパンフレットがあるとは思いますが。

 石橋メモリアルホールは創立70周年記念事業として昭和49年(1974年)に誕生したホールですが、耐震強度等の問題から改築されることになって、来年(平成22年(2010年))5月に開館するそうです。

 バルコニー席が設けられ、座席数は506席で、ホール全体を浮床構造として録音にも対応できるようになります。クライス社のオルガンも再び設置されるとのことです。楽しみです。

全盲のピアニスト、辻井伸行さん、優勝おめでとう!、をご覧ください
あの辻井伸行さんの優勝コンクールのライブ盤が登場!、をご覧ください


posted by booknikoniko at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

丹生山田の里に咲くヒガンバナ

 さわやかな風の吹く秋晴れに恵まれ、神戸市北区の丹生山系の稜線がくっきりと見える。丹生山田の里では秋の収穫祭真っ盛りだ。既に刈り取られた田んぼにこれからまさに刈り取られようとしている田んぼ、実るほど頭を垂れる稲穂の田んぼ、実るほどにはまだ熟していない稲穂の田んぼがある。

 ちょうど秋のお彼岸のころに田んぼのあぜ道には今を盛りとヒガンバナ(曼珠沙華)が咲いている。独特の赤色が目に鮮やかだ。

 ところで、ヒガンバナはヒガンバナ科の球根植物だが、花は目にするものの実を見ることはない。どうしてだろうか。ヒガンバナはもとは中国から渡来したが、日本に分布するものはすべて染色体が3倍体のため、減数分裂が正常に行われないために花粉や卵細胞ができないので、花は咲いても結実しないそうだ。

 どうやって増えるのかというと、球根が分かれることのよって増える。この球根にはアルカロイドの一種であるリコリンが含まれていて有毒だ。

 また、ヒガンバナには変わった性質がある。それは花と葉を同時に見ることはない、ということだ。葉は花が咲き終わった後に地上に伸びてくる。たくさんの緑色の葉が伸びた状態で冬を越し、春になると枯れてしまう。この秋から冬の間に葉は太陽の光を浴びて光合成を行う。そして球根を太らせることになる。

畝のヒガンンバナ.JPG

ヒガンバナ.JPG


posted by booknikoniko at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。