2009年12月31日

知恩院の除夜の鐘

 今年もあと半日あまりで終ろうとしています。今年は特にパソコンに弄ばれる年となりました。来年はパソコンの奴隷になる年ではなく、パソコンの主人になる年にしたいと思っています。

 大晦日は、京都市東山区の浄土宗総本山・知恩院の除夜の鐘の音を聴くのが一番似つかわしいと思います。親綱の僧が体をのけぞらせて、満身の力を込めて突く姿は圧巻です。

 この知恩院の巨大な梵鐘は、寛永十三年(1636年)に鋳造されたもので、同じ東山区の方広寺、奈良の東大寺と並んで、日本三大梵鐘の一つといわれております。高さ一丈八寸(約3・3メートル)、口径九尺二寸(約2・8メートル)、厚さ九寸五分(約30cm)、重さ一万八千貫(約70トン)あり、大鐘楼とあわせて国の重要文化財に指定されています。

 鐘を突く撞木(しゅもく)は長さ3・8メートルあり、親綱を引く僧が掛け声を上げると、子綱を持った16人の僧が綱を引き、親綱の僧が体をのけぞらせて、満身の力を込めて突きます。17人の僧の共同作業です。

知恩院の大鐘楼.JPG


 除夜の鐘は108回突かれますが、今は亡き父が子どもの頃(10代になった頃)は、鐘の回数管理をするのは子どもの役割だったそうです。108回の数え方は、あらかじめ108個の豆を用意しておき、1つ鐘を突くごとに1個の豆を減らしていって、豆がなくなると終わりにしたそうです。

 どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

posted by booknikoniko at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ノーベル文学賞候補だった賀川豊彦

 今年は、キリスト教思想家で社会運動家の賀川豊彦が神戸での活動を開始して、100年となります。それを記念して「賀川豊彦献身100年記念事業 神戸プロジェクト宣言」が行われました。その宣言の始めの部分を転載します。

   賀川豊彦献身100年記念事業 神戸プロジェクト宣言

 賀川豊彦が神戸での活動を開始して、まもなく100年を迎えます。
 これを機に、私たちは「賀川豊彦献身100年記念事業」を展開します。

 1909年12月24日、21歳の賀川豊彦は貧困にあえぐ人々のために献身しようと、当時、劣悪な環境で生きることを強いられた人々が生活する地域に入っていきました。賀川豊彦は当時死の病と恐れられていた肺病を病み、余命幾ばくもないと宣告された身体でしたが、貧困と差別のただなかにあって困難を抱えた人々と共に暮らし、徹底してこれらの人々のために働いたのです。

 転載はここまでです。

 「コープさん」の愛称で親しまれてきた灘神戸生協は、平成3年(1991年)の創立70周年を機に名称を「生活協同組合コープこうべ」に改称しました。この「生活協同組合コープこうべ」はキリスト教思想家で社会運動家の賀川豊彦の指導のもとに、大正10年(1921年)に前身の神戸購買組合・灘購買組合が誕生しました。

 賀川豊彦献身100年記念事業が各地で開催されている最中の9月に、驚くべきニュースが飛び込んできました。それは戦後間もない1947年と1948年の2回、ノーベル文学賞の候補になっていたことが分かった、という内容でした。スウェーデンのノーベル財団の公式サイトに掲載されたことから分かったものです。

 大正時代には自伝的小説『死線を越えて』がベストセラーになり、1954年からは3年連続でノーベル平和賞候補にもなっていたことは以前から知られていましたが、それより前にノーベル文学賞の候補にもなっていたのです。

 賀川豊彦を知るにはこちらが便利です。

posted by booknikoniko at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

脳卒中治療の実力病院

 12月20日の日本経済新聞1面の「狭心症治療「経験」に開きも 手術年100例未満が半数弱」に続いて、第2弾として昨日(12月27日)の日本経済新聞25面に「脳卒中治療の今 時間との戦い 技術駆使」が掲載されています。

 脳の血管が破れたり詰まったりして起きる脳卒中は、後遺症となる場合や介助が必要となる誰だってなりたくはない疾患です。

 脳梗塞の治療では手術でなく、血栓を薬剤で溶かす内科的治療が主流だそうです。脳梗塞患者に発症から3時間以内に血栓溶融剤「tPA」を点滴で投与すれば、詰まった血栓を溶かして血液が再び流れるそうです。ただ、病院搬送後、画像診断を経てtPA投与まで約1時間かかりますので、発症後2時間以内に搬送されないと投与できないことになります。

 2008年7〜12月に脳梗塞の「手術なし」で症例数(退院患者数)が200例以上の実力病院が掲載されています。住んでいる兵庫県では、4病院あります。大西脳神経外科病院と順心病院、西宮協立脳神経外科病院、神戸市立医療センター中央市民病院です。隣の大阪府には実力トップの国立循環器センターがあります。岡山県には狭心症治療でトップクラスの倉敷中央病院が脳卒中でも掲載されています。

 脳卒中の前兆は医師も十分認識していないそうですので、わずかの梗塞でも発症直後に検査して治療ができればリスクは低減するとのことです。

 誰だってなりたくはないが、その時に・・・。
posted by booknikoniko at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

「韋駄天お正」白洲正子の夫白洲次郎

 骨董と人生の師だった青山二郎に「韋駄天お正」というあだ名をつけられた白洲正子は、夫白洲次郎と共に兵庫県三田市の心月院にある墓所で永遠の眠りについています。実はここ心月院は、三田藩主九鬼家の菩提寺・墓所なのです。

 九鬼水軍で名高い志摩国鳥羽藩の九鬼家は、家督争いを理由に山国の小藩の三田藩と丹波国綾部藩に移封されます。時を経て幕末から明治維新にかけて三田藩の財政立て直しを担ったのが、藩士の白洲退蔵(白洲次郎の祖父)と小寺泰次郎です。藩主の九鬼隆義は白洲退蔵と小寺泰次郎とともに「志摩三商会」という神戸初の輸入商社を設立します。

 山国に移封されていた三田藩は、いわば三田藩のブレーンだった福沢諭吉の教えに従い、兵庫開港の地・神戸へと移ります。兵庫開港は、九鬼水軍の血を騒がせる「水を得た魚」となったわけです。

 三田藩士の白洲退蔵と小寺泰次郎は、三田の二タイ(白洲大タイ・翁小タイ)と称せられて一藩の畏敬するところでした。藩校進士舘の教授白洲退蔵は、後に横浜正金銀行頭取となります。

 白洲退蔵の子が白洲文平で、建築道楽が趣味でした。その文平の次男が白洲次郎です。
 神戸一中、ケンブリッジ大学を卒業、昭和4年(1929年)に『ジャパン・アドバタイザー』に就職し記者となります。国際文化会館の設立に尽力した樺山愛輔の長男・丑二の紹介でその妹・正子と知り合い結婚することになります。

 白洲次郎・白洲正子夫妻の長女の桂子さん(牧山桂子)の著作『次郎と正子―娘が語る素顔の白洲家―』が原案となったのが、NHKのテレビドラマ『スペシャルドラマ・白洲次郎』です。

 激動の昭和史を駆け抜けた白洲次郎の、伝説の生涯のドラマがあります。
posted by booknikoniko at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

「韋駄天お正」白洲正子、平成10年12月26日没す

 平成10年(1998年)12月26日、能楽などの芸術評論で知られる随筆家の白洲正子が肺炎のため逝去されました。88歳でした。

 白洲正子は、明治43年(1910年)1月7日、東京府東京市麹町区(現東京都千代田区)に父・樺山愛輔と母・常子の次女として誕生しました。長女の泰子は、日本郵船会社社長の近藤廉平の次男・廉治と結婚した近藤泰子です。

 祖父は薩摩藩士・樺山資紀で、第1次山縣内閣、第1次松方内閣では海軍大臣を歴任しております。樺山資紀の長男として誕生したのが樺山愛輔です。母方の祖父は海軍大将・川村純義です。

 大正5年(1916年)、学習院女子部初等科入学。梅若流(現在の観世流梅若派)の二代目梅若實に入門し、能を習い始めます。大正13年(1924年)には、女人禁制の能の舞台に史上はじめて女性として立ち、「土蜘蛛」を舞います。

 昭和4年(1929年)、白洲次郎と結婚します。

 昭和21年(1946年)、河上徹太郎を介して、小林秀雄、青山二郎と出会います。青山二郎の影響で骨董の世界に没入します。日本の美についての随筆を多く著すのは、青山二郎や小林秀雄の薫陶を受けたからです。

 昭和54年(1979年)、骨董と人生の師だった青山二郎が亡くなります。「韋駄天お正」というあだ名をつけたのは青山二郎でした。

 平成6年(1994年) 、新潮社より『白洲正子自伝』が刊行されます。

 平成10年(1998年)12月26日、逝去され、墓所は夫白洲次郎と共に兵庫県三田市の心月院にあります。心月院は、三田藩主九鬼家の菩提寺・墓所なのです。

 戦中に食糧難事情を見越して購入した現東京都町田市にある白洲次郎・正子夫妻の旧邸宅の武相荘(ぶあいそう)は、記念館・資料館となり一般公開されています。

 『白洲正子自伝』
を参考に書きました。
posted by booknikoniko at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

明日、閉館する神戸のホテル

 神戸にあるホテルのニューオータニ神戸ハーバーランドは、明日12月26日で閉館します。ニューオータニ神戸ハーバーランドは平成4年(1992年)9月に開業しましたが、阪神・淡路大震災やハーバーランド地域の経済環境の悪化などにより、閉館するものです。撤退後のテナントは未定です。

 バブル崩壊に阪神・淡路大震災、外資系ファンドによるホテルを含めた買収などにより、神戸の中心ビジネス街やホテルの風景は大きく様変わりしてしまいました。

 阪神・淡路大震災で被災し閉鎖した神戸旧居留地の名門ホテル「オリエンタルホテル」が、来春復活する予定です。神戸経済の起爆剤として多いに期待しております。

 元オリエンタルホテルの名物カレーをどうぞ!
posted by booknikoniko at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

湊川神社の大絵馬

 初詣の準備で各神社は大童だと思います。湊川神社では既に来年の干支の大絵馬が飾り付けられています。

湊川神社絵馬.JPG


 そして、本殿に向かう参道の一本左側の道には、「大楠公御一代記」があります。初詣の時には参拝客でごったがえしますので、気が付かないと思いますが、お時間の都合のつく方は年内にご覧になられたほうがよろしいかと存じます。

 湊川神社の主祭神は楠木正成で、大楠公と呼ばれています。「水戸黄門」として知られる徳川光圀の楠木正成墓碑の建立が湊川神社の起源となります。楠木正成墓碑は湊川神社の境内にあります。

大楠公御一代記.JPG

 絵馬で願い事が叶いますように!
posted by booknikoniko at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

湊川神社の「親子さざれ石」

 初詣にはよく湊川神社に参拝しますが、天長祭が斎行された今日、「親子さざれ石」が奉納されているのに気付きました。「親子さざれ石」の説明板を見ると、奉納されたのは平成二十年十一月となっていましたので、だから気付かなかったのだと合点致しました。

湊川神社さざれ石全景.JPG


 「親子さざれ石」の説明板には次のように書かれております。

   親子さざれ石
 君が代は 千代に八千代に さざれ石の
        厳となりて 苔のむすまで

 「さざれ石」は、国歌「君が代」に詠はれて有名です。「細石」と書く通り、細かい石を表はしますが、この細かい石が石灰岩から溶解した強い粘着液で接合固化し、永い堆積中の圧力等で固結融合した礫岩を「石灰角礫岩」と呼び、これが一般的に「さざれ石」と言はれるものです。
 国歌「君が代」には、万世一系の天皇様を戴くわが国が、そのもとに国民が絆で固く結び合ひ、次第に大きな厳となり、苔のむすまで発展して已まない尊い期待と祈りが込められてゐると言へませう。
 ここに御奉納戴いたさざれ石は、京都府舞鶴市岡田由里の砕石山露頭のもので、このあたりの地層は、志高群層と総称され、二億四千年前に隆起して出来た地形と言はれます。
 この地より採取された二塊のさざれ石を、このやうに納めましたところ、その姿が、まるで楠木正茂公(大楠公)が桜井の駅でわが子正行公(小楠公)を前に諭される御姿に想はれ、「親子さざれ石」と名付けました。
 “青葉茂れる桜井の”の唱歌とともに、これまで多くの日本人に感動を与へて来た太平記の名場面です。
 正成公は、わが子正行公に、自分の死後も帝のために忠誠を励み、決して一族の栄達を望んではならないと諭され、河内の国へ返されます。正成公が、身命を賭して貫かれた「忠誠」の精神は、その子正行公に受け継がれ、さらに三世五十余年にも亘つて一族一門に継承され、その精神はやがて、幕末を経て明治維新に至る大きな原動力となつてゆきます。そして、今も私共の心の支へとなつてゐるのです。

 この「親子さざれ石」の説明板には「昭和天皇御手蒔実生の楠樹」ついても次のように書かれています。
 
     昭和天皇御手蒔実生の楠樹
 この楠樹は、先帝昭和天皇が昭和六十二年、佐賀県で行はれた第三十八回全国植樹祭の際に、楠樹の実を御手蒔きされた実生の若木で、兵庫・佐賀両県とも楠樹を県木に指定してゐるよしみから、平成元年六月一日、兵庫県佐賀県人会により奉納されたものです。

湊川神社さざれ石.JPG

 さざれ石のパワーストーンに注目!
posted by booknikoniko at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ゆず湯を楽しむ

 カラスがねぐらから餌場へといつもの出勤飛行は6時半ごろだ。今日は冬至だから餌場への出勤時間は一年で一番遅いのだろう。

 いつもはゆずの入浴剤でのんびりと長湯しながらゆず湯気分を味わっているが、今日は正真正銘のゆずをそのまま5個湯船に浮かべての入浴だ。ほんの少々ゆずの香りを楽しんだ。

ゆず湯.JPG

 外側ばかりでなく内側からもゆずで温めましょう!

posted by booknikoniko at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

狭心症治療の実力病院

 父方と母方の双方にいままで心臓疾患で亡くなった親族はいなかったので、家系的に心臓疾患とは無縁だと思っていました。ところが昨年、A型インフルエンザを直接の原因とする某心臓病のために、弟が突然あっけなく彼岸へと旅立ってしまいました。同じ父と母から生まれたからには、ひょっとして遺伝子的に何か心臓疾患にかかりやすいかもしれないと思うようにはなりました。

 昔だったら全く無視していた記事ですが、今日の日本経済新聞1面に「狭心症治療「経験」に開きも 手術年100例未満が半数弱」とありましたので、近くの実力ある病院を知っておいた方がいいと思いながら読みました。

 今回の記事での調査には大きな特徴があります。それは厚生労働省などが公開している治療実績や医療提供体制など公的情報に基づいて病院を比較していることです。DPC(診断群分類別包括払い)制度により、同じ分類方法に基づいてDPCデータを比較・評価しているので、それぞれの病院が公表している診療実績の分類方法に依拠していないことです。基準を同じくしているので、病院の比較・評価ができることです。

 2008年7〜12月に「手術あり」が200例以上の狭心症治療の実力病院が25面に掲載されています。住んでいる兵庫県では、兵庫県立姫路循環器病センターと兵庫県立尼崎病院がありますが、隣県の岡山県には実力トップクラスの倉敷中央病院とそれに準ずる心臓病センター榊原病院があります。実力的には兵庫県で治療をうけるよりも、症例・経験豊富な岡山県で治療をうける方がよさそうな気もしますが、家系的には心臓疾患の確率は無視しうるものだと信じたいと思います。

 名医を知っておくことも健康管理に必要です。

posted by booknikoniko at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

ライト兄弟になり損ねた男が開いた飛行神社

 明治43年(1910年)12月19日に、東京・代々木錬兵場(現代々木公園)で徳川好敏工兵大尉がフランス製複葉機アンリ・ファルマンで3000mを飛行したことから、「日本初飛行の日」となっています。一応公式記録とされていますが、実際には5日前の12月14日に飛行に成功しています。

 日本で最初に動力飛行機で空を飛行したのは陸軍の日野熊蔵で、明治43年(1910年)12月14日で、ドイツ製単葉機ハンス・グラーデは代々木錬兵場で25mと60mの2回です。

 日本にはライト兄弟になり損なった男がいました。明治24年(1891年)4月29日にゴム動力プロペラ式飛行器を作った二宮忠八です。二宮忠八は、軍隊入営後、カラスの滑降を観察し、カラスを真似すれば飛行可能だと考えて実験を始めます。そしてカラスのような尾翼をもったプロペラ式模型飛行機を作り、35mほどの飛行に成功しました。

 明治26年(1893年)には、人力でプロペラを回す「玉虫型飛行器」を構想し、結局軍隊を辞め、実験を始めようとした矢先に、ライト兄弟の初飛行の話を聞いて、開発を中止します。二宮忠八の設計図は16年も前にすでに完成していたのに残念なことです。

 その後、二宮忠八は京都府八幡町(現八幡市)に私財を投じて飛行神社を開き、航空機で人命を落とした殉難者の御霊をお祀りします。

飛行神社鳥居.jpg

飛行神社由緒.jpg

 また同じ八幡市男山にある石清水八幡宮神内には、トーマス・アルバ・エジソンの白熱電球発明から50周年を記念したエジソン記念碑があります。

 安全祈願グッズあれこれ

posted by booknikoniko at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

虎のつくことわざ

 年賀状の受付が始まっているが、まだ何も用意していない。年賀葉書も少しだけ買ったが、誰に出すかまだ決めていない。とりあえず喪中の葉書だけを整理した状態だ。年賀状の図案はいつも頭の痛い問題だが、来年は寅年なので「虎」のつくことわざを調べてみた。

 「虎」のつくことわざには馴染み深いものが多いが、筆頭は何と言っても「虎穴に入らずんば虎子を得ず」だろう。リスクを恐れていては何も得られないし、結果は出せないし、現状を打破することはできない。現状を維持しようとしても、相手(環境)が変化するから実際には維持するどころか後退しかない。

 人生とはいつも「前門の虎、後門の狼」で、次から次へと新たな難問が襲ってくる。難問から自由になりたくても難問の方が放っておいてくれない。難問はいつも「虎視眈々」と狙っているからたまらない。

 何か良い「虎の巻」でもあれば良いが、周りにいるのは「虎の威を借る狐」ばかりではやりきれない。ストレスはたまるばかりだ。

 「虎は死して皮を残し人は死して名を残す」というが、一体何をこの世に生きた証として残せるのだろうか。一体何のために生まれてきて、生きてきたのだろうか。生きるとは一体どういうことだったのか。

 「政権交代」が流行語大賞を受賞したが、来年は「苛政は虎よりも猛し」の年にしてほしくはない。しかし、やっていることは国民である「虎の子」を見殺しにするようなことばかりに思える。

 年賀状のデザインにはいつも頭を悩ませます。参考にしてください!

posted by booknikoniko at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

日本で最初の鉄道トンネル 旧石屋川隧道記念碑

 御影の綱敷天満宮の参道前をJR西日本が走っています。今は高架となっていますが、高架となる前は天井川である石屋川の川底を走っていました。ちょうどトンネルの入口付近に参道がありました。

 高架下の石屋川の堤の石屋川隧道の入口の上あたりに「日本で最初の鉄道トンネル 旧石屋川隧道跡」の石碑が建っています。

旧石屋川トンネル跡.JPG


 綱敷天満宮の参道前から堤の石段を上がると「日本で最初の鉄道トンネル 旧石屋川隧道記念碑」があります。記念碑には次の説明文が書かれています。

 旧石屋川隧道は、日本で最初の鉄道トンネルとして建設されました。その当時から石屋川が天井川を形成していたため、困難な川底トンネルを掘らなければなりませんでしたが、イギリス人技術者の設計・監督により、明治4年7月に完成しました。
 この隧道は石屋川の下を横断し、延長が200フィート(61m)ありました。
 工事方法は、川の流れを木製の仮水路で変え、川底を掘り下げ、レンガを積み重ねてトンネルを作りながら川を元に戻す方法が採られました。
  明治3年10月24日(1870年)着工
  明治4年7月    (1871年)完成
     隧道形式:単線円形
     隧道延長:200フィート(61m)
旧石屋川隧道記念碑.JPG

 鉄道トンネルより楽しいペットトンネル!

posted by booknikoniko at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

播州と播磨:播州赤穂駅はなぜ播州なのか

 播州は播磨国の別称です。

 播磨と播州のつく有名な言葉(単語)を少しならべてみます。

<< 播 磨 >>
 播磨国風土記:写本が残されている五つの風土記のうちの一つ
 播磨国総社:正式名称は射楯兵主(いだてひょうず)神社
 播磨灘:司馬遼太郎の歴史小説に『播磨灘物語』があります
 播磨町(はりまちょう):兵庫県で最も小さい町
 播磨造船所:昭和35年(1960年)に石川島重工業株式會社と株式會社播磨造船所が合併して石川島播磨重工業株式会社となりました(現IHI)

 播磨町(はりままち):神戸居留地の筋名。京町筋、浪花町筋、播磨町筋、明石筋・・・とあります
            播磨町(はりままち)は播磨国ではなく摂津国にあります
 播磨屋橋(はりまや橋):高知市にあります

<< 播 州 >>
 播州赤穂駅:赤穂線にあります
 播州皿屋敷:播州姫路市が舞台の『播州皿屋敷』で広く知られます
       江戸番町が舞台の『番町皿屋敷』もよく知られます
       なお、皿屋敷は、お菊という女性の亡霊が皿を数える怪談話の総称です
 播州そろばん:兵庫県小野市は全国的に有名なそろばんの産地です

 播州信用金庫:「姫路城大天守保存修理支援定期預金」を発売する金融機関
 播州カントリークラブ:今から約30年前にアウトの2番でフェアウェイのゴルフボールを5番アイアンで打った時にぎっくり腰になったゴルフコース

 播州赤穂駅と名付けた赤穂鉄道の発起人の思いは分かりませんが、播州皿屋敷や播州そろばんで全国的に名が通っている「播州」の方が、観光客誘致には有利だったと思います。

 播磨屋は、歌舞伎役者の屋号です。
posted by booknikoniko at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

赤穂義士祭に便利な播州赤穂駅は、なぜ播磨赤穂駅ではないのか

 今日12月14日は、全国各地で「義士祭」が開催されます。本家本元の赤穂市では今年で106回目の「赤穂義士祭」が盛大に開催されます。

 「赤穂義士祭」に行くためには、JR西日本赤穂線の播州赤穂駅が便利です。播州赤穂駅で下車したことは何度かありますが、急にどうして赤穂駅ではなく播州赤穂駅というのか気になりました。当然赤穂駅でないのは他線で既に赤穂駅があるので、赤穂駅ではないことは分かっていましたが、播磨赤穂駅ではなく、どうして播州赤穂駅なのかが気になったからです。

 ちなみに赤穂駅は今は駒ケ根駅と改名されていますが、当初は大正3年(1914年)10月31日、伊那電車軌道(現JR東海飯田線)の駅として開業された駅です。

 姫新線には播磨高岡駅がありますので、旧国名をつけるなら当然播磨赤穂駅となるのが駅名ルールです。それなのに何故播州なのか、播州が播磨国の別称だとしてもです。

 赤穂線の開業以前に、有年駅と播州赤穂駅(現在の播州赤穂駅とは別位置)間に赤穂鉄道がありました。赤穂鉄道が設立されたのは大正4年(1915年)5月7日で、大正10年(1921年)4月14日に有年駅と播州赤穂駅間が開業しました。戦後、山陽本線相生駅と接続する赤穂線が開業することになったため、昭和26年(1951年)12月12日に全線廃止となりました。

 赤穂鉄道は、入り浜式製塩法で知られるように古くから塩田が栄え、その塩の輸送と忠臣蔵の舞台となった赤穂城などの観光誘致に積極的だったため、播州赤穂駅が全国的に知られており、播磨赤穂より通りがよいので、播州赤穂駅がそのまま継承されたようです。

 赤穂鉄道があったということは全く知りませんでした。それも難読駅名として知られている山陽本線の有年駅と接続していたとは驚きでした。なお、有年駅は「うねえき」と読みます。

  <<参考>>ウィキペディア「赤穂鉄道」「播州赤穂駅」「駒ヶ根駅」

 赤穂義士が酒を飲む絵がラベルになっているお酒もあります。

posted by booknikoniko at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

六甲最古のトンネル跡

 明治25年(1892年)に大和川右岸の生駒山地を貫いて建設された「亀ノ瀬隧道」(大阪府柏原市)の一部がほぼ原形のまま見つかって、12月9日に報道各社に公開されたそうです。

 「亀ノ瀬隧道」は、明治・大正時代に大阪−奈良間を結んでいた大阪鉄道(現JR関西線)の路線で、昭和6年(1931年)と昭和7年(1932年)の大規模な地滑りで崩壊したとみられていたトンネルです。昨年、国土交通省が排水トンネルの敷設工事で周辺を掘削作業中に、全長約500メートルのうち、66メートルが崩壊を免れているのが分かったそうです。

 ところで、江戸時代に有馬温泉に魚崎(現神戸市東灘区)の魚を運ぶために使われた道が魚屋(ととや)道です。有馬温泉から六甲山山頂に向かう道の途中に、峠の茶屋がありました。この峠の茶屋は、魚崎から有馬温泉にもうすぐ到着するその手前で一服してために設けられました。この峠の茶屋から少し六甲山頂に向かうところに「六甲最古のトンネル跡」の解説板があります。

六甲最古のトンネル跡解説板.JPG


 この「六甲最古のトンネル跡」の解説板には、次のように書かれています。
 
 ここは、現在は崩れてしまっていますが、六甲山で最も古いトンネルがあったと言われているところです。明治7年、大阪・神戸間に鉄道が開通し、六甲越えのこの道も交通量が増え、道も拡がり、トンネルもできたのです。荷物を積んだ馬や湯治客を運ぶ駕籠が石垣のトンネルをくぐっていました。

 (注)明治7年は西暦1874年です。

 「六甲最古のトンネル跡」の解説板にある通り、現在崩れてしまっています。崩れた理由はよく分かっていないそうです。現在はこの写真の姿になっています。

六甲最古のトンネル跡.JPG

六甲山を彩るあれこれ!

posted by booknikoniko at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

国内の民需は冷え込み、農産物の国際価格は高騰する

 ココア:ロンドン市場の先物価格(12月物)が12月9日に1トン2204ポンド
     これは1985年3月以来の高値水準
     世界最大の生産国のコートジボワールの不作が背景

 砂糖:ニューヨーク市場の粗糖(精製前の砂糖)先物価格が9月上旬に1ポンド24セント台
    これは1981年2月以来の高値
    今夏に世界2位の生産国インドが干ばつで、サトウキビが不作となり輸入量を増やしているため
(以上、日本経済新聞 平成21年(2009年)12月10日(木)夕刊)

 2009年冬のボーナス最終集計(1日現在):1人当たりの税込み支給額(加重平均)は70万1571円
    これは20年前(1989年)の69万2654円の水準
(以上、日本経済新聞 平成21年(2009年)12月11日(金)朝刊)

 H形鋼:鋼材の流通業者がゼネコンなどに販売する取引価格は、現在1トン6万4千〜6万5千円
     これは5年半ぶりの安値

 鉄筋加工:鉄筋を切断して組み立てる鉄筋加工の単価は、東京で1トン3万3千〜3万5千円中心
      1990年前後のバブル期のほぼ半値で、70年代に近い水準
(以上、日本経済新聞 平成21年(2009年)12月11日(金)夕刊)

 メキシコ政府:円建て外債(サムライ債)1500億円を発行する。発行は2000年9月以来約9年ぶりで、今年度発行のサムライ債では最大規模。
        メキシコの外貨建て長期国債の格付けは「トリプルB」(格付会社フィッチ・レーティングス11月の格付け)
(以上、日本経済新聞 平成21年(2009年)12月10日(木)夕刊)

 テクニカル分析も大事ですがファンダメンタル分析も大事です。

posted by booknikoniko at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

今年の冬のボーナスは20年前の水準になるそうです

 日本経済新聞社が12月10日まとめた2009年冬のボーナス最終集計(1日現在)によると、1人当たりの税込み支給額(加重平均)は70万1571円、とのことです。これは前年比で14.81%減って、20年前(1989年)の69万2654円の水準まで落ち込んだことになるとのことです。(日本経済新聞 平成21年(2009年)12月11日(火)朝刊)

 国の経済の規模・成長を測る物差しとして、GNPとGDPの二つがあります。1989年12月29日に、日経平均終値史上最高値38,915円87銭をつけましたが、ちょうどバブル崩壊前まで使われていたのがGNP(国民総生産)で、バブル崩壊後から使われだしたのがGDP(国内総生産)です。正確には日本でGNP(国民総生産)に替わってGDP(国内総生産)を使用するようになったのは1993年からです。

 ちなみに1989年の名目GDPは408兆5347億円で、2008年の名目GDPは507兆3713億円です。平成2年(1990年)の国勢調査による日本の総人口は1億2361万人で、平成21年(2009年)11月1日現在の概算値による日本の総人口は1億2756万人となっています。

 生産年齢人口ではなく少し比較する暦年が異なりますが、総人口はあまり変っていないのに、名目GDPは約100兆円増えています。ですが今年の冬のボーナスは20年前より少し減るということになります。100兆円増えたのにどこのポケットに入った(入る)のでしょうか。

 経済指標も知っておくと役に立ちます。
posted by booknikoniko at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

徳不孤必有隣

 昨日は阪神・淡路大震災メモリアル第15回神戸ルミナリエに行きました。12月5日に続いてのルミナリエです。昨日は珍しく夕刊を読みませんでした。今日になって朝刊を読んだ後に昨日の夕刊を眺めていると、「目利きが選ぶ今週の3冊」の記事の下の広告の「有隣堂は、創業100周年を迎えます。」のコピーが目に入りました。

 今から40年位前に横浜に住んでおり、よく有隣堂に行って本を買ったものでした。非常に懐かしい名前でした。よく見ると、「2009年12月13日、おかげ様で」とあります。「2009年12月13日、おかげ様で 有隣堂は、創業100周年を迎えます。」とのことで1世紀にわたって知的興奮を提供してきたことになります。

 有隣堂の社名は、『論語』の「徳不孤必有隣」(徳ある人は孤立しない。必ず理解し共鳴する人が現れる)に由来しています。明治42年(1909年)12月13日、横浜伊勢佐木町に創業したそうです。

 今朝の日経には、さいか屋が主力の川崎店を売却とあります。私的整理手法の一つである事業再生ADR(裁判外紛争解決)手続きで経営再建を目指す百貨店とあります。横浜に住んでいたころ、たまに川崎のさいか屋に行ったことがありますが、大体は伊勢佐木町の百貨店でした。

 伊勢佐木町にある百貨店と言えば、野沢屋とか松屋、松喜屋がありましたが、今はもう無いようです。伊勢佐木町の商店街に流れていた曲は、ピンキラの「恋の季節」でした。そんな中で創業100周年を迎えられる有隣堂には、社名の通りに今後も期待致しております。

 有隣堂の物語をどうぞ!
posted by booknikoniko at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | あゆみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

「保険法施行に伴う取扱変更特則」適用に関するお知らせ、が届きました

 昨日、A生命保険会社より、「保険法施行に伴う取扱変更特則」適用に関するお知らせ、が届きました。

 平成20年6月6日に公布された保険法は、平成22年4月1日に施行されるそうです。保険法には、施行前に締結された契約にも「保険契約に関する規律は、新たに施行される保険法が基本となる」ということが適用されるため、平成22年3月1日以前の保険契約に対して、「保険法施行に伴う取扱変更特則」を適用させていただきます、とのことです。

 この特則の適用によって、給付金や保険金額等の保障や保険料の変更は一切ないとのことです。

 送付された資料の「保険法の概要について」を見ると、「生命保険契約に関する基本的なルールは、明治32年に制定された商法の「第2編第10章(保険)」に規定されていましたが、この条項は約100年間実質的な改定が行われていなかった」とのことです。

 今回社会経済情勢の変化に対して、商法の規定を全面的に見直して、単独法として「保険法」が制定され、平成22年4月1日より施行されることになったそうです。

 金融庁のホームページには「保険制度の変遷」が記載されていますので、そのまま掲載します。

   保険制度の変遷

明治32 年 商法の制定
明治33 年 保険業法の制定
昭和14 年 保険業法の全面改正
昭和23 年 保険募集の取締に関する法律の制定
昭和24 年 外国保険事業に関する法律の制定
平成7年 保険業法の全面改正
  ・保険募集の取締に関する法律及び外国保険事業に関する法律の統合
  ・標準責任準備金制度の導入
  ・ソルベンシー・マージン基準の導入
  ・保険契約者保護基金の創設
  ・子会社方式による生損保の相互参入等

最近の改正
平成9 年 保険持株会社制度の導入等
平成10 年 いわゆる金融システム改革法に伴う改正
平成12 年 保険会社の破たん処理制度の整備等(セーフティーネット)
平成13 年 保険主要株主に関する規制の導入等
平成15 年5 月 相互会社の組織に関する整備、付随業務の見直し等
平成15 年7 月 予定利率引下げ等の契約条件の変更手続の整備等
平成17 年5 月 少額短期保険業者に関する規制等(無認可共済に対する規制)
平成17 年7 月 会社法制定に伴う相互会社に関する規定の整備

 保険法にも色々あるようです。

posted by booknikoniko at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。