2009年10月31日

ギリシャ神話に登場する美しい水の妖精の名にちなんだ花

 わが家の庭の植木鉢には、今ネリネの濃いピンク色の花が咲いています。

 ネリネは別名をダイアモンドリリーといいますが、これは花弁がキラキラ輝いて見えることからそう呼ばれるとのことです。ネリネはヒガンバナ科の植物で、ヒガンバナ(曼珠沙華)同様、開花期には葉がなく、葉があるときは花がありません。

 日本に渡来したのは大正時代で、南アフリカに自生する原種をもとに現在の品種が作られました。名前はギリシャ神話に登場する美しい水の妖精、ネーレーイスの名にちなんだものです。

ネリネ.JPG

posted by booknikoniko at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

KOBE鉄人PROJECT 進行中! その11

 鉄人28号のある若松公園では、今日18時より19時まで試験点灯が行われます。サーチライト4機によりライトアップのテストが行われます。

 アップする写真は18時の試験点灯2時間前の16時に鉄人28号と鉄人街灯の両方を撮ったものです。鉄人28号は建物やアーケードにさえぎられていますので全体像ではありませんが、鉄人28号の頭部がいつもの下から目線が弱まっていますので、よしとしましょう。

091030鉄人28号.JPG


KOBE鉄人PROJECT 進行中!、をご覧ください

 横山光輝作品を楽しもう!
 鉄人28号グッズあれこれ!
posted by booknikoniko at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

武庫川学院甲子園会館(旧甲子園ホテル)特別見学会が行われます

 今年創立70周年を迎える武庫川学院では、武庫川学院甲子園会館(旧甲子園ホテル)の特別見学会が行われます。甲子園会館は、平成21年(2009年)1月2日(木)付で国登録有形文化財となりました。

 特別見学会は、11月22日(日)・23日(月)・29日(日)に行われます。
11月22日は、10:00〜11:30と13:30〜15:00ですが、11月23日・29日は、10:00〜11:30、となっています。

 定員は先着各100名で、申込は電話のみです。電話受付は月〜金の10:00〜15:00で、10月26日から受付を開始しております。お問い合わせ・お申し込み先は、甲子園会館庶務課 TEL.(0798)67-0079(直通)です。ガイドの方が案内されます。

 甲子園会館に入ると、「武庫川学院上甲子園キャンパス甲子園会館沿革」の説明文があります。そこには、次のように書かれています。

 甲子園ホテルは昭和4年(1929年)東京帝国ホテルの支配人だった林愛作氏が日本の伝統を生かした洋式のホテルとして建設した。設計は帝国ホテルの設計者として名高いフランク・ロイド・ライトに学んだ遠藤新氏が担当した。戦前は「西の帝国ホテル」といわれ、関西を代表するリゾートホテルとしてにぎわったが、ホテルとしての生命は短かく、戦時中海軍に接収され、戦後は米軍にひきつがれた。接収を解かれた後は国有財産として管理され、松の生い繁る広大な敷地も、建物も荒れるにまかされていた。
 昭和40年(1965年)学院の手にわたり、昭和41年建物の改修工事を、昭和47年に庭園工事を完成し、学院教育施設として生まれ変った。

 遠藤新氏と林愛作氏の経歴等も書かれておりますが、省略します。

旧甲子園ホテル.JPG


 甲子園会館は、「武庫川学院上甲子園キャンパス甲子園会館沿革」に書かれているように、武庫川女子大学学生や武庫川女子大学オープンカレッジ受講者をはじめとして、多くの人に利用されています。
 また平成18年(2006年)4月からは、新設の生活環境学部建築学科(大学)、生活環境学研究科建築学専攻(大学院)のメインキャンパスになっています。

 甲子園会館には見所がたくさんありますが、気に入っているのは打ち出の小槌をモチーフにしたと思われる壁面です。近くの芦屋市には打出小槌町がありますが、何らかの着想を得たのかもしれません。

旧甲子園ホテル壁面.JPG



posted by booknikoniko at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ハーバーランドの隠れた人気キャラクターのユーモアディスプレイ

 神戸ハーバーランドにある「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポストから岸壁(高浜岸壁)に沿って南に歩いていくと神戸港旧信号所(旧新港第5突堤信号所)があります。この信号所は役目を終えたため、平成4年(1992年)に港の歴史を伝える貴重な建造物として保存されることになり、現在の場所に移築されましたものです。

 この高浜岸壁には明石海峡大橋までをクルージングするミュージック・グルメ船のコンチェルトという名の船が停泊しています。

 この神戸港旧信号所から海に沿った木製の遊歩道のハーバーウォークを歩いていくと、JR西日本神戸支社の建物や倉庫があります(神戸ハーバーランドは国鉄湊川貨物駅跡地の愛称です)。ここには面白いモノがあります。

 初めてここを見た時、休日なのに作業していてご苦労なことだなあ、と思って仕事ぶりを見ていたのですが、ちっとも作業員は動きません。おかしいなあ、と思っていたらようやく気付きました。実は作業員達はマネキン人形なのです。

 ユーモアディスプレイと呼ばれていて、ヘルメットと作業服に身を固めて屋根の修理やペンキ塗りのポーズをとっています。現在のユーモアディスプレイは平成18年(2006年)9月に新たに再配置された2代目です。

 このユーモアディスプレイは、神戸ハーバーランドが街開きした平成3年(1991年)4月から、海際の風景を楽しんでいただくために設置されたマネキン人形です。本物そっくりなので本物の作業員かと見間違う人も多く、街の隠れた人気キャラクターとなっています。

ユーモアディスプレイ.JPG


恋心や真心を伝える「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポスト、をご覧ください

posted by booknikoniko at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

恋心や真心を伝える「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポスト

 みなと町神戸のハーバーランドには、明石海峡大橋までをクルージングするミュージック・グルメ船でコンチェルトという名の船があります。このコンチェルトチケットカウンターとコンチェルト乗船口の間に「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポストがあります。

恋人の聖地.JPG


 この「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポストは、平成19年(2007年)10月に神戸ハーバーランド街開き15周年を記念して設置されました。
 「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポストの隣には説明文があり、次のように書かれています。

愛の郵便ポスト.JPG


愛の郵便ポスト

 2007年3月、神戸ハーバーランドは、愛を語る、プロポーズをするのにふさわしい場所として、NPO法人地域活性化支援センターより「恋人の聖地」の認定をうけました。
 愛の郵便ポストには、同年10月、神戸ハーバーランド街開き15周年を記念し、神戸中央郵便局の承認を得て制作され、正面には恋人の聖地の認定プレートを設置しています。

 「恋人の聖地」にあやかり、真心や恋心を伝えたいと、ラブレターや旅の便りなどもこのポストから多く投函されており、愛のキューピットであってほしいとの願いも込めて、このポストとともに記念写真を撮カップルも増えています。

2007年10月
ハーバーランド運営協議会


 みなと町神戸に来られたら、ハーバーランドの「恋人の聖地」のプレートのある愛の郵便ポストから、是非恋心や真心を伝えるラブレターや旅のお便りをご投函ください。

三ノ宮駅周辺のホテルを地図から探せます
神戸のおみやげ
posted by booknikoniko at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

KOBE鉄人PROJECT 進行中! その10

 鉄人28号のある若松公園では、鉄人28号のモニュメントの足元の整備工事が進んでいます。鉄人28号の足元の写真をアップします。鉄人28号の足元の北側は整地は終っているもののまだ整備が必要です。早く鉄人28号の足の下をくぐれるようになれば良いですね。
091025鉄人28号足元工事.JPG


091026鉄人28号足元.JPG


KOBE鉄人PROJECT 進行中!、をご覧ください

posted by booknikoniko at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

1929年10月24日「暗黒の木曜日」の翌日のアメリカ大統領の声明

 今から80年前の1929年10月24日、ニューヨーク証券取引所の午前中の株式市場は11%の下落となったが、午後になると相場は急回復し、結局のところ一日を通じて2%しか下落しなかった。この大恐慌の始まりとされる最初の大暴落が起こった10月24日は木曜日だったため、「暗黒の木曜日(Black Thursday)」と呼ばれるようになった。

 翌10月25日、当時のアメリカ大統領のフーヴァー大統領は声明を出し、「この国の基本的な事業、すなわち財の生産と分配は、健全かつ繁栄の基礎の上にある」と述べた。

 しかし、暗黒の木曜日の翌週になると、10月28日(月曜日)に12.8%下落、その翌日の10月29日(火曜日)には11.7%の下落となり、世界的な規模で各国の経済に波及した金融恐慌、および経済後退が起きる世界大恐慌へ急展開することになった。

 暗黒の木曜日の前月の1929年9月3日に最高値381.2ドルをつけたダウ平均株価は、この年の11月から翌年1930年4月にかけて株価は上昇するが、1930年から1932年にかけて本当の株価の下落が始まる。そして、1932年7月8日に41.2ドルという最安値をつける。

 2008年9月15日、リーマン・ブラザーズは米国連邦破産法11条(チャプター・イレブン)を申請し、実質的に倒産した。ジョン・ガルブレイスの『大暴落1929』が日本のビジネスマンに読まれているらしい。ジョン・ガルブレイスは『大暴落1929』で「『経済は健全である』とか『ファンダメンタルは問題ない』という発言が当局から出たら、何かがうまくいっていないと考えたほうがいい」と書いている。

<<参考文献>>『金融資産崩壊』岩崎日出俊 祥伝社新書140

posted by booknikoniko at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

これまでに経験した予期せぬ「臨時収入」の最高額はいくらですか?

 今朝(平成21年10月24日(土))の日経PLUS1に「当世ふところ事情」欄に「予期せぬ「臨時収入」、最大でいくら?」の記事がでている。インターネット調査会社を通じ、全国の成人既婚男女から有効回答数618人(男女半々)を得た結果だ。

 親族からの贈与、宝くじやギャンブルの当選など、これまでに経験した予期せぬ「臨時収入」の最高額を聞いたところ、経験のある人の中では「1万円以上5万円未満」が18%で最も多く、続いて小差で「1万円未満」と「5万円以上10万円未満」だったそうだ。「100万円以上」の人も6%いて、最高額は2千万円とのこと。

 今まで自分が経験した予期せぬ「臨時収入」を思い出してみた。だいたい予期した「臨時収入」は予期した額より少ないか、全く実入りがなく当てが外れたことの方が圧倒的に多い。「取らぬ狸の皮算用」になってしまっている。

 ようやく思い出したのは、退職後にボーナスが思いがけず振り込まれたことだった。金額は「10万円以上20万円未満」に該当する金額だった。秋に退職したのだが、冬のボーナスの対象時期に勤務していたから支給する、とのことでこれは何よりありがたかった。

 この調査では、100万円の臨時収入があれば何に使うかも聞いているが、6割弱の人が「貯蓄」を挙げたそうだ。

家計を助ける本いろいろ
posted by booknikoniko at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

キンボールってご存知ですか?

 キンボールってご存知ですか?

 実はワールドカップでは日本はよくメダルを取っているスポーツなのです。10月28日から10月31日にかけて第5回キンボールワールドカップ2009がカナダのケベック州で開催されます。参加国は日本、カナダ、スペイン、デンマークなど7カ国です。神戸市在住の女性がこのキンボール日本代表選手に選ばれています。

◆キンボールの背景は?◆
 キンボールの「キン」は、英語の「キネスシス (kinesthesis)」の略で「運動感覚」の意味で、運動の感覚を楽しむボールゲームです。運動神経を磨いたり、競ったりする一面的な記録主体の競技でなく、運動による感性創出すなわち「励まし、助け合い、感動の共有や協調性を高める」、そういうコンセプトを具現化したスポーツがこのキンボールです。

 現代の社会・経済の成熟・衰退化は、人と人の関係を弱めたり、生きがい感の喪失、強い精神ストレスの発生など多くの問題が生じています。キンボールは、このような社会的背景の中から「共に生きる力をつける」ことをテーマに、カナダ・ケベック州マリオ・ドゥマース氏によって創案されました。

 キンボール創案者のマリオ・ドゥマースは体育の教師をしていて、若者の無気力感や無関心に危機感を覚えて、専門のスポーツによって「生きる喜びなど感動の共有や協調性を高める」ことがこれからのスポーツの重要な使命であることに気付き、生み出されたのがキンボールなのです。

◆キンボールの特徴は?◆
1.ボールサイズ
 直径122cm、重さは約1kgの巨大なゴム製ボールで、しかも丈夫でファショナブルなボールです。

2.3チームでゲームをします
 通常のゲームは1対1や2対2の人やチームで対戦しますが、キンボールのメインのコンペティションゲーム は3チーム12名が同時に競います。1チームは4名で構成され、ピンク、グレー、ブラックに色分けされた3チームが13〜21m×16〜21mのコートサイズ内でヒット(サーブ)やレシーブを繰り返す新しいボールゲームです。

 コートでプレーできるプレーヤーは1チーム4名ですが、最大12名まで登録でき、プレーヤーは何回でも自由に交代できます。従って、3チーム最大36名がゲームを楽しむことができます。

3.必ず声を出して指示します
 例えば、グレーチームの3名がボールを支え、1名のメンバーがボールをヒット(サーブ)する前に、1名(だれでもよい)が他チームのピンク又ブラックのいずれかのチームカラーを、声を出して指定します。この時必ず「オムニキン」という言葉を相手チームカラーの前に発声します。「オムニキン、ブラック」と発声した後ヒット(サーブ)しなければなりません。(コンペティションゲーム)  

4.コンセプトスポーツ
 『共遊』『主体』『創造』というオリジナルでコンセプトのはっきりしたスポーツです。

 ●「巨大なボール」を床に落とさないようにするには全員の協力が必要です。
 ●ヒット時にチーム4名全員がボールに触らなければなりません。自ら積極的にゲームに参加しなければ成り立たない競技です。
 ●ルールは参加者の年齢、経験、体力などの条件に応じて一部変更することが認められています。柔軟なルールバリエーションがこのスポーツを子どもから高齢者まで楽しめるスポーツにしています。

 日本キンボール連盟のホームページの情報を元に記述しました。
   (日本キンボール連盟:http://www.newsports-21.com/kin-ball/

 日本の金メダルを期待しております。頑張れ、日本!!

 キンボールやガイドブックはここです!

posted by booknikoniko at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動と脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

外科医での新型インフルエンザ

 昨日から消炎・鎮痛スプレーのお世話になっている。近所の外科医から錠剤とともに処方され渡されたモノだ。消炎・鎮痛スプレーとは野球でデッドボールをうけたり、バッターが自分で打ったボールを体に強く当てたりした時に、ボールが当たった所に痛み止めとしてスプレーするモノだ。

 テニスのプレー中に転倒して骨折をしてしまった。低いボールを打ち返そうとして頭から一回転してしまい、左手親指を骨折するハメになった。手足には数箇所ずつの擦り傷もあるが。

 近所の外科医に待ち時間と診療時間をあわせて2時間強ほどいたが、その間に3人の新型インフルエンザ患者が来診した。外科医で新型インフルエンザの治療をするとは予想外だった。普段からこの病院は腰痛やひじやひざ痛で電気治療や牽引治療の患者が多いのに、どうして新型インフルエンザの治療をするのか、と意外だったからだ。

 この病院は外科医だけでなく看板に他の診療科目も実は書いてあり、そういえば風邪の診療も以前からやっていた。今は新型インフルエンザの指定病院となっているらしく、それで受診に来ているらしい。

 この病院には裏口や別口はなく表口しかないので、新型インフルエンザ患者も入口は一つしかない。入室すると待合室や通常の診療室や処置室等にはいかず新たな隔離用の部屋に入るのでできるだけ接触しないようになっている。外科医で新型インフルエンザの患者に出会うことは全くの想定外だった。

 気付いたきっかけは突然看護師の「タミフル」という言葉が耳に入ってきたからだ。「タミフル」服用の注意を説明しているのが聞こえてきたからだ。体温管理についての説明や2日間は常に見守っていることなどを説明していた。

 3人の新型インフルエンザ患者に共通していたのは、3人とも若い女性であったこと、20歳代前半から後半にかけての年齢で、OLか既に結婚していてお子さんもいらっしゃるような方だった。そして付き添いに母親がいたこと。母親の年齢は50歳代後半から60歳代前半と思われた。

 抗インフルエンザウイルス薬の「タミフル」を10代が服用しての異常行動が問題となっていたが、どうやら医療現場では10代ではない20代の大人でも「異常行動」があるといけないので、新型インフルエンザ患者を常に見守ることのできる家族も一緒に病院に来るように言っているらしい。そのため母親も一緒に病院に来て服用後の2日間の異常行動がないかどうかを見守るようにしているようだ。

 近所の小学校ではあるクラスが新型インフルエンザで休校児童が規定の人数を超えたので、学級閉鎖した。1週間経って登校できるようになったところ、倍以上の児童が休校したためさらに1週間学級閉鎖にしたそうだ。

 新型インフルエンザは着実に広まっているようだ。


新型インフルエンザに充分注意しないといけない。

インフルエンザによる超過死亡って何?、をご覧ください
posted by booknikoniko at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

10月21日は「あかりの日」です

 10月21日は「あかりの日」です。これは1879年(明治12年)10月21日、米国の発明王トーマス・エジソンが世界ではじめて実用的な白熱電球を発明し、40時間点灯させた日にちなんだものです。「あかりの日」は、この歴史的な日を記念し、エジソンの偉業をたたえて1981年(昭和56年)に制定されたものです。

 照明は暮らしに豊かな彩と潤いを与える重要な役割を担っていますが、あかりを提供する照明器具は意外に電力を消費しています。家庭での機器別の電力消費量では、エアコン、冷蔵庫に次いで照明器具は第3位の約16%を占めているそうです。

 ライフサイクルCO2(LCCO2)と呼ばれる建築に起因する二酸化炭素(CO2)排出量を算出するために、建物寿命1年あたりの二酸化炭素(CO2)排出量を評価する手法がありますが、照明器具のライフサイクルCO2は、98%以上が使用時の消費電力だそうです。

 使用時の消費電力を削減することが二酸化炭素(CO2)排出量削減には効果がありますが、照明を効率的に使用することが環境への負荷軽減に大いに役立ちます。そのため今白熱電球を省エネ型ランプに切り替えていく行動方針が掲げられています。

 その代表的な照明器具として、電球型蛍光ランプや高周波点灯専用型(Hf)蛍光ランプ、発光ダイオード(LED)の需要が増えつつあるようです。

GE(ゼネラル・エレクトリック)創設者 トーマス・エジソン、をご覧ください

エコロジーとエコノミーな「あかり」をお部屋に!
posted by booknikoniko at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

紅葉したアメリカハナミズキと実

 住んでいる街の街路樹は色々植えられています。楠、ケヤキ、イチョウ、アメリカハナミズキ、ムクゲ、百日紅等々。

 このところの冷え込みでアメリカハナミズキやケヤキが紅葉しつつあります。イチョウはもう少し経つと黄葉してくるでしょうが、いまだしです。近所のアメリカハナミズキの紅葉と実の写真をアップします。

アメリカハナミズキ.JPG


 もう少し経つとケヤキが落葉します。落葉すると今まで葉っぱで隠されていた景色が遠くから見えるようになります。見通しが非常によくなります。今まで隠されていた景色が今度はどう見えるかが楽しみです。

紅葉を見に旅に出ません?
posted by booknikoniko at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

黄金の絹を吐く蚕の装飾のある建物にジョイントする農林省神戸生糸検査所

 黄金の絹を吐く蚕の装飾のある神戸市立生糸検査所の隣には風格のあるネオ・ゴシック様式の建物があります。この建物は実は神戸市立生糸検査所とジョイントされていて、農林省神戸生糸検査所でした。

 昭和2年(1927年)7月17日に神戸市立生糸検査所新庁舎の落成式が挙行されましたが、昭和6年(1931年)4月1日から神戸市から国営へと移管され、農林省神戸生糸検査所となります。昭和7年(1932年)1月から生糸の品位格付検査が強制実施されることになったために、庁舎の増築と検査機械器具の整備を図る必要がでてきました。横浜・神戸の両生糸検査所の拡充に政府の財政緊縮政策のため横浜・神戸の両市が拡充費用を調達し、政府がその設備を借りることになります。

 この拡充費用を調達してできた建物が、神戸市立生糸検査所とジョイントされている農林省神戸生糸検査所です。昭和6年5月に増築工事に着工し、翌昭和7年5月15日に増築新庁舎の落成式が行われました。この昭和7年5月15日は5・15事件の日でもあります。

 この増築新庁舎の概要は、鉄骨鉄筋コンクリート造4階建(地階付)1棟で、工事費用は1,091千円でした。工事設計は置塩章(おしお・あきら 明治14年(1881年)2月6日−昭和43年(1968年)10月20日)、神戸市が工事監督、庁舎工事一式を請負ったのは銭高組でした。
国立生糸検査所.JPG


次の写真は塔屋を南側から撮影したものです。
国立生糸検査所タワー上部.JPG


  工事設計の置塩章には、エピソードがあります。それは、置塩章は、陸軍、兵庫県を経て建築事務所を開きますが、陸軍在職当時、大阪城に近い軍用地で古代がわらを見つけます。これが奈良朝時代の皇居・難波宮跡発掘の有力な手掛かりとなった、というエピソードです。

 なお、1928年(昭和3年)3月に開設された「国立移民収容所」は、置塩章の設計になるものです。

 時を経て、かつて外貨獲得の花形商品だった生糸のために、横浜・神戸に生糸検査所が造られましたが、昭和50年(1975年)の生糸の流通状況をみると、国内生産の約80%を占めていた輸出は、既にその実績がなくなっており、国の輸出検査を受けた生糸はすべて国内で売買取引となっていました。

 そして、昭和55年(1980年)9月30日、神戸生糸検査所は閉所となりました。生糸の検査業務は神戸農林規格検査所に吸収されることになりました。
  <<参考文献>>『神戸生糸検査所史』

黄金の絹を吐く蚕の装飾のある神戸市立生糸検査所、をご覧ください
今年6月3日にオープンした神戸市立海外移住と文化の交流センターとは?、をご覧ください

やさしい香りのシルクジャスミンをお部屋に!
posted by booknikoniko at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

黄金の絹を吐く蚕の装飾のある神戸市立生糸検査所

 国道174号線が「日本で一番短い国道です」という表示板は、神戸税関南端にあります。この国道174号線をはさんで神戸税関の向かい側には、神戸市立生糸検査所がありました。

 『神戸生糸検査所史』から神戸市立生糸検査所の歴史を非常に簡単に振り返ってみたいと思います。

 明治28年(1895年)6月17日生糸検査所法が公布されました。当初は横浜のみとなっていましたが、本会議で神戸が追加されることになり、横浜と神戸に生糸検査所が設置されることになりました。しかし、農商務省神戸生糸検査所の業績不振により、明治34年(1901)年に閉鎖となりました。

 大正12年(1923年)9月1日に関東大震災が起こり、唯一の生糸貿易港であった横浜が機能を停止し、生糸の輸出ができなくなりました。生糸の輸出業者は横浜から神戸に来て生糸の輸出を始めます。大正13年(1924年)1月24日から神戸税関監視部跡地で神戸市立生糸検査所が生糸検査業務を開始することになります。

 昭和2年(1927年)7月1日から生糸の正量取引が実施されることになり、輸出目的の生糸取引はすべて生糸検査所で検査した正量によらなければならなくなりました。神戸市立生糸検査所での生糸検査のための設備拡充のため、新たに建設された建物が写真の神戸市立生糸検査所です。
神戸市立生糸検査所.JPG


 次の写真は、神戸市立生糸検査所の建物のシンボルとして、黄金の絹を吐く蚕の装飾です。
神戸市立生糸検査所シンボル.JPG


 昭和2年(1927年)7月17日に神戸市立生糸検査所新庁舎の落成式が挙行されます。地上4階地下1階の5階建で、竹中組(現竹中工務店)が請け負い、建設費は76万で起債によりまかなわれたとのことです。そして、昭和6年4月1日から神戸市から国営へと移管され、農林省神戸生絲検査所となります。

 時を経て平成21年(2009年)3月16日、隣接する旧国立生糸検査所とともに独立行政法人農林水産消費安全技術センター神戸センターの施設として使用されていましたが、神戸の人工島のポートアイランド移転したため、現在は未使用となっています。神戸市では新たな活用策を検討しています。

 隣接する旧国立生糸検査所につきましては、後日述べさせていただきます。

日本で一番短い国道です、をご覧ください

シルクのTシャツはいかが!

posted by booknikoniko at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

日本で一番短い国道です

 神戸には日本一短い国道があります。国道174号線で、長さは187.1メートルです。トラックの半周よりも短い距離です。

日本一短い国道.JPG


 国道174号線は神戸市役所前を走るフラワーロードと国道2号線とが交差するフラワーロード南端と神戸税関南端とを結んでいます。国道174号線は昔から長さが187.1メートルだったわけではありません。元々は昭和28年(1953年)神戸港と国道2号線とを結ぶ道として、三宮交差点から神戸税関南端までの約940メートルでした。ところが、昭和37年(1962年)に国道2号線が浜側へと路線変更されたので、短縮されてしまったのです。

 神戸市役所前を走るフラワーロードは、生田川を埋め立てた道路です。慶応3年(1868年)の兵庫開港にともない、外国人のための居留地を造成後に、生田川の度重なる氾濫で外国人からの強硬なクレームにより、生田川を付け替え(新生田川という名前になりました)、旧生田川は埋め立てられることになりました。新生田川は新幹線の新神戸駅の下を流れている川です。

 神戸税関の東側には神戸市立生糸検査所がありました。今は使われておりません。写真に写っている風格ある建物がそうです。この建物については後日お知らせしたいと思います。

日本一短い国道より生糸検査所.JPG


posted by booknikoniko at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

スズメバチの「言葉」である香りを山や森に持ち込むと危険な目にあうかもしれません

 先日、高塚山に登ってムベの実の写真を撮ってもう少しで北入山道入口に戻ろうとする時に、ジャノメ系の蝶々を見つけた。確かめようと思って少し後を追いかけている時に強い羽音を耳にした。羽音の主はオオスズメバチだった。多分ソヨゴと思われる木の根元にとまった。攻撃はしてこなかったので安心した。樹液があるとは思えなかったが、ゆっくりと北入山道の入口を出た。今までオオスズメバチは勿論、他の蜂は見たことがなかったが、どこかにオオスズメバチの巣があるらしい。

 そういえば今まではなかった蜂に関する注意の掲示が北入山道入口にしてあった。オオスズメバチが間違いなくいるので、これからは服装には十分注意して高塚山に登らないといけない。
 オオスズメバチに限らずスズメバチは10月が最も危険な時期らしいので、香りとか色とかには注意する必要がある。

 オオスズメバチの「警報フェロモン」の成分を突き止めた小野正人さん(玉川大学農学部助教授)によれば、「人がよい香りと感じる化学物質が、スズメバチの「言葉」であることを考えてください」とのこと。人が使う天然香料や合成香料、食品の中に、スズメバチの「言葉」がある可能性が高く、警報フェロモンや餌場マークフェロモン、女王蜂だけが出す女王物質や性フェロモン、幼虫が出す蜂児フェロモン、「ここに巣を作るぞ」と仲間に呼びかける造巣フェロモン、同じ巣の仲間だけを識別する巣仲間認識物質などをやりとりしているそうだ。

 だから、スズメバチが言葉を交わしているかもしれない山や森には、香りは持ち込まず、スズメバチの世界を乱さず、不幸な「ハチ合わせ」を避けてほしいのです、と小野正人さんは語っている。
(ご参考:http://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/wave35.html

スズメバチ用の殺虫剤があります!

posted by booknikoniko at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

10月31日(土)マンドリンのコンサートがあります

 芸術の秋です。知人には何故かマンドリンをやっている人が多い。ある知人の方からマンドリンのコンサートの案内をいただきました。

 大西功造&マンドリンアンサンブル<楽楽・神戸>コラボレーションコンサート、というコンサートです。
 平成21年10月31日(土)14時40分の開演で、神戸大学六甲台講堂で行われます。

 演奏曲は
♪ マンドリンソロ:大西功造
 C.ムニエル    愛の歌
 R.カラーチェ   小さなガボット ほか

♪ コンチェルト
 服部正編曲   「荒城の月」を主題とせる2つのマンドリンの為の変奏曲
 J.マスネ   タイースの瞑想局

♪ 秋に寄せる日本の歌メドレー
 旅愁、小さい秋みつけた、秋桜 ほか

♪ ヨーロッパのしらべ
 J.イヴァノヴィッチ  ドナウ河の漣
 E.エルガー      威風堂々

となっています。いずれもなじみのあるなつかしい曲が多いですので、一緒に口ずさんで歌っていただけるのではないでしょうか。

 マンドリンソロの大西功造さんは、1976年生まれで、明石市に住んでおられます。神戸大学農学部のご卒業で、大学在学中から演奏活動を始められたそうです。CDも何枚かリリースされています。
 
 マンドリンアンサンブル<楽楽・神戸>は、神戸大学マンドリンクラブOB/OGの有志を主体とした合奏団で、「50人で3000歳のオーケストラ」として活動されています。

 10月末日の土曜日をマンドリンのコンサートで是非お楽しみください。


マンドリンも色々あります!

posted by booknikoniko at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

TOKKに掲載された阪急100年史

 今日10月14日は鉄道の日です。以前は鉄道記念日といっていたはずなのに、いつから鉄道の日になったのか調べてみました。

 『ウィキペディア(Wikipedia)』の「鉄道の日」を見ると、次のように書かれています。「明治5年9月12日(新暦1872年10月14日)に、新橋駅(後の汐留貨物駅、現・廃止)と横浜駅(現在の根岸線桜木町駅)とを結んだ日本初の鉄道(現在の東海道本線の一部)が開業した(詳細は日本の鉄道開業を参照)。そして、1921年(大正10年)10月14日に鉄道開業50周年を記念して東京駅の丸の内北口に鉄道博物館(初代)が開館したことを記念したもので、翌1922年から鉄道記念日として鉄道省により制定された。
1949年には日本国有鉄道の記念日となり、分割民営化後も引き続きJRグループの記念日としてJRグループ内で祝われていた。だが、1994年に運輸省(現・国土交通省)が「『鉄道記念日』のままではJRグループ色が強い」という提案で、「鉄道の日」と改称し、JRグループを始めとしたすべての鉄道事業者が祝う記念日となった。」とあります。国鉄民営化が鉄道記念日にまで影響しているとは驚きでした。

 阪急では阪急沿線向けに情報誌を発刊しています。TOKK(トック)という名前です。TOKKというのは阪急の主要起点のある都市の名前の頭文字をならべたものです。Tは宝塚、Oは大阪(梅田)、Kは神戸(三宮)、もう一つのKは京都(河原町)です。TOKKの10月15日号に「歴史 阪急100年史を振り返ろう」が掲載されています。

 その中からいくつかあげてみたいと思います。

明治43年(1910年)3月10日、現在の宝塚線・箕面線にあたる箕面有馬電気鉄道が営業を開始
大正7年(1918年)、阪神急行電鉄に社名を変更
大正9年(1920年)、神戸本線・伊丹支線が開業。梅田〜神戸(上筒井)間を結ぶ
昭和3年(1928年)、大阪(淡路)〜京都(西院)間と支線の桂〜嵐山間が開通
昭和11年(1936年)、神戸本線の終点が三宮まで延長される
昭和34年(1959年)、梅田〜十三間が三複線になる
昭和42年(1967年)、千里ニュータウン建設にともない、南千里山〜北千里間が開通。北千里駅では全国初めての自動改集札機が導入される
昭和59年(1984年)、西宮北口駅にある平面軌道交差(ダイヤモンドクロス)廃止される
平成18年(2006年)、阪急阪神ホールディング誕生


鉄道の日に似つかわしいのは車両でしょう!

posted by booknikoniko at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

高塚山植物観察記7:ムベの実と影の写真

 お隣の家からは金木犀の香りが漂ってきます。昨日の朝からけたたましく鳴く鳥がいます。ヒヨドリです。ヒヨドリはお向かいの家にあるピラカンサの木の枝にとまってやかましく鳴いています。このピラカンサの木の枝をヒヨドリは大変気に入っていて毎年そこを休憩地としています。ピラカンサには実がなっていますが、赤ではなく橙色です。ヒヨドリはこのピラカンサの実を食べるためにとまっているのではありません。このピラカンサの実が食べられるのは来年の2〜3月にかけてでしょうか。

 久しぶりに高塚山に登りました。春初めて見たムベの花が秋になり実をつけました。写真はムベの実です。ムベと一緒にアケビもあったのですが、このアケビは夏にはなくなっていましたので、アケビの実の写真はありません。

ムベの実.JPG


 淡路島と開発中の宅地造成地を眺めた後で、スカイマークスタジアム(神戸グリーンスタジアム)や神戸市営地下鉄の名谷車両基地の方を眺めていると、なんか動くモノがあります。自分の影だと分かりビックリしました。夕方近くになりちょうど太陽が自分の影が木に映る角度となったからでした。一緒に高塚山に登った連れ合いを呼んで影の写真を撮りました。
 
影.JPG


高塚山の森を歩こう会(4) 植物観察記:「ムベ」「アケビ」「サンキライ」の花の写真をアップします、をご覧ください
高塚山植物観察記5:藤の実とヤマハギの写真、をご覧ください


花や木の名前を知るのは大変です。花の色や実、樹皮の色つや・はだざわりが一度に分かるとありがたいのですが・・・

posted by booknikoniko at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 高塚山の森を歩こう会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

蓄膿症手術後の学校の階段

 今日は好天に恵まれた体育の日だ。歩くことが健康と脳の活性化に良いと思ってウォーキングを始めてから15年以上になる。今は年間500万歩を確実に歩いている。1年52週だから1週間に10万歩歩けば楽勝なわけで、1日14千歩を目処に歩いている。

 歩き始めたのは仕事のストレスと住んでいる所が騒音と排気ガスでこれではもたないと思ったからだ。最初は単にウォーキングしているだけだったが、そのうち四季折々の風景を楽しむ・身近にある名所や史跡を知ることを楽しむことが目的となった。今はテニスの基礎体力作りも兼ねるようになった。

 中学3年生の夏休みに蓄膿症の手術をした。通常は左右の鼻1週間ずつの計2週間の入院だが、鼻の骨が曲がっていたのでまっすぐにする矯正手術のため1週間追加され、計3週間の入院となった。

 夏休みが終って2学期が始まり登校した。教室は3階にあった。2階までは何の苦もなく階段を上がれたが、3階に行こうとして3段ほどで歩けなくなってしまった。しばらく休んで階段の手すりによりかかるようにしてやっとのことで3階にたどりつくことができた。ショックだった。

 3週間の入院で歩くことをしなかったから、足の筋肉が衰えてしまったらしい。若いから歩ける、年をとって老化するから歩けない、と思っていたが、若くても歩けないことを思い知らされた。若いから歩けることは自明の理ではなかったのだ。歩かなければ歩くことはできないのだ。

 筋肉は使わなければ衰える。昔は容易にできたことができなくなる。脳も体の一部だから使わなければやはり衰えるのだろう。


快適なウォーキングを楽しむには足元が大切です!

posted by booknikoniko at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動と脳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。